【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の写真1
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の写真2
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の写真3

6,000円 税抜

送料無料

数量

【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)

透き通るように清明な水色の、砧青磁です。日本人にとって、淡い青は最上のものとされてきました。青磁の中でも砧青磁は最上品とされ、尊ばれました。水色は、落ち着きと安心感を与え、心地よい睡眠へと促す効果があります。お茶の色も、より味わい深く感じることでしょう。
当店では真右エ門による青磁の極上品を厳選して提供しております。


手の中にちょうど収まりのいい形をしており、また、飲み口はわずかに外側にカーブしておりますので、口当たり良く味わえます。
大小の湯呑でペアにしてご夫婦へのプレゼントに、組にして引き出物など、各種贈り物にも人気の湯呑みでございます。

真右エ門(真右エ門窯)
日本陶芸界の巨匠 神業の窯変師

真右エ門(真右エ門窯)

Sinemon

真右エ門(馬場九洲夫)は、窯変技法において日本を代表する作家です。 「窯変」とは焼成中に土や釉薬に含まれる成分が化学反応を起こし、独特の色彩や結晶、結晶を生む現象の事を言います。その天然自然の美は宇宙の神秘にも例えられます。 真右エ門は2012年度、日本最大の美術展であり、陶芸界で最も権威と名誉ある賞とされる、第四十四回日本美術展覧会(日展)工芸美術部門の特撰受賞の快挙を成し遂げました。 2000年の県展50周年特別賞をはじめ、12年の現代工芸美術九州会展覧会最高賞など数々の受賞歴がございます。

有田焼人気№1の創り手 宝石と見まごう器の数々

陶芸界最高の権威・栄誉とされる日展特選を受賞

窯変、釉彩という至難の陶技を代表する巨匠

【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の商品紹介写真1

おしゃれな形状の有田焼湯呑み

湯呑みをひとたび持てば、有田焼の造形美を存分に味わっていただけることでしょう。 軽量かつ硬質な九州の高級陶石で作陶された直径約7.7cmの湯呑みは軽量で持ち手にすっと馴染みます。 高台へとすぼまっていくなだらかな曲線美、そして、口縁部に向かってわずかに広がるそのシルエットは、 硬質に焼成されていながらも、柔らかなイメージを感じさせてくれます。
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の商品紹介写真2

青磁の中の極上品

爽やかな気持ちになれる水色の青磁は気品溢れる磁器としてかねてより重宝されてきました。 その中でも、発色の特に優れた青磁は「砧青磁」として尊ばれました。 当店JTOPIAでは真右エ門窯の青磁を、発色、形状共に最上のお品である 砧青磁(最上品)のみを選別し、お客様のもとへお届けいたします。
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の商品紹介写真3

砧の名前の由来

過去の日本では、布を板へとうち絹のような手触りと艶を出していたそうです。 その「衣をうつ板」を「砧(きぬた)」と表しました。 本湯呑みにも筆舌に尽くしがたい衣のような柔らかな青磁の美しい艶が生じております。 秋の夜長の静けさに響きわたる砧の音は、人々の心に沁みいる風情があり、 俳諧師 松尾芭蕉は以下のように詠んでおります。 「声澄みて北斗に響く砧哉」
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の商品紹介写真4

千利休を感じながら

茶人 千利休が寵愛した砧青磁の花器は釉薬の紋様によって生じる見事な罅(貫入)が生じていたそうです。 利休は布をうつ砧の音と、砧の花生けに表れた罅(貫入)の模様を重ねて、その花生けを貴んだと言われております。 歴史の偉人による大人のシャレに浸りながら湯呑みに込められた世界観をお愉しみくださいませ。
※写真は飯碗とセットにした時のイメージです。
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の商品紹介写真15

大きさ

高さ:8cm 口径:7.7cm
※手作りのため、一つ一つ微妙にサイズが異なります。

商品内容

湯呑み×1 桐箱 陶歴しおり

※手作り商品のためサイズなどに
若干の誤差が生じる場合がございます。

最高品質保証。JTOPIAの商品は全てが特選品です。数ある作品の中から特選品質の品のみを店主・窯元が共同して厳選。当店でしか手に入らない一流窯元の逸品をお届けしております。釉薬の美しさ、発色共に優秀審美的価値のある一級品JTOPIAの商品はこちら
   
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の写真1
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の写真2
【有田焼】湯呑み 砧青磁(最上手)の写真3

6,000円 税抜

送料無料

数量

3
★★★☆☆

購入者さん

青磁

さっぱりデザインで好感持てるうつわ。日常使いで使っています。お茶が綺麗に見えるのでゆのみに合いますね。