240,000円 税抜

【有田焼】飾り花瓶 染錦金彩・白金彩鶴亀図

紅色の青海波を背景に、松竹梅や華麗な鶴と亀が描かれ、大変におめでたい意匠となっています。
青海波は、波を扇状に表した文様で、日々が穏やかな波のように続きますようにという意味があります。松竹梅とは、古来より不老長寿を意味しています。松は常緑であるため長寿を意味し、竹はしなやかで雪にも折れない強さを表し、梅は冬に咲くことから、生命力の象徴とされました。鶴と亀は長寿のシンボルとされています。
縁起を担いだお祝いの贈り物としてJTOPIAの飾り花瓶は好評をいただいてまいりました。

※当店取り扱いのすべての飾り花瓶は、転写を用いない総手描きによる一品物です。 作家による特別の銘入り桐箱が付属し、箱への名入れにも対応しております。

藤井錦彩
KINSAI FUJII

JTOPIAは高級有田焼・伊万里焼において最大の専門店です。安心してお買い求めくださいませ。

藤井錦彩は、現代的な染錦や金襴手、更には独自の黄金彩、プラチナ彩という表現方法を駆使し、独自の美意識と感性の世界を確立しています。 全国各地に熱心なファンも多く、個展開催を要望される百貨店も多い、著名有田焼作家の一人です。 白磁の人間国宝・井上萬二や川原留雄・金武自然を筆頭に各界の第一人者に師事。若干18歳の若さで長崎陶磁展朝日新聞社賞を受賞。朝日陶芸展、西部工芸展、出石磁器トリエンナーレなど、権威ある展示会で15回の入賞を果たし、ついには十代で知新会会員に推薦を受けました。 24歳のときにはすでに全国の大丸や三越などの有名百貨店や美術展で個展を重ね、また各工芸展への出品も精力的に行い、現在に至っております。有田焼の伝統にとどまらない陶磁器の美が、作品に宿っています。

吉祥の総覧

紅色の青海波を背景に、松竹梅や華麗な鶴と亀が描かれ、大変におめでたい意匠となっています。 青海波は、波を扇状に表した文様で、日々が穏やかな波のように続きますようにという意味があります。

伝統と革新

松竹梅とは、古来より不老長寿を意味しています。松は常緑であるため長寿を意味し、竹はしなやかで雪にも折れない強さを表し、梅は冬に咲くことから、生命力の象徴とされました。鶴と亀は長寿のシンボルとされています。 縁起を担いだお祝いの贈り物としてJTOPIAの飾り花瓶は好評をいただいてまいりました。

美術品

当店取り扱いのすべての飾り花瓶は、転写を用いない総手描きによる一品物です。 作家による特別の銘入り桐箱が付属し、箱への名入れにも対応しております。

大きさ

高さ:21cm 径:22.1cm

商品内容

飾り花瓶 桐箱 ウコン布 陶歴しおり

*手作り商品のためサイズなどに若干の誤差が生じる場合がございます。

吉祥の総覧

紅色の青海波を背景に、松竹梅や華麗な鶴と亀が描かれ、大変におめでたい意匠となっています。 青海波は、波を扇状に表した文様で、日々が穏やかな波のように続きますようにという意味があります。

伝統と革新

松竹梅とは、古来より不老長寿を意味しています。松は常緑であるため長寿を意味し、竹はしなやかで雪にも折れない強さを表し、梅は冬に咲くことから、生命力の象徴とされました。鶴と亀は長寿のシンボルとされています。 縁起を担いだお祝いの贈り物としてJTOPIAの飾り花瓶は好評をいただいてまいりました。

美術品

当店取り扱いのすべての飾り花瓶は、転写を用いない総手描きによる一品物です。 作家による特別の銘入り桐箱が付属し、箱への名入れにも対応しております。
   

240,000円 税抜

【有田焼】飾り花瓶 染錦金彩・白金彩鶴亀図

紅色の青海波を背景に、松竹梅や華麗な鶴と亀が描かれ、大変におめでたい意匠となっています。
青海波は、波を扇状に表した文様で、日々が穏やかな波のように続きますようにという意味があります。松竹梅とは、古来より不老長寿を意味しています。松は常緑であるため長寿を意味し、竹はしなやかで雪にも折れない強さを表し、梅は冬に咲くことから、生命力の象徴とされました。鶴と亀は長寿のシンボルとされています。
縁起を担いだお祝いの贈り物としてJTOPIAの飾り花瓶は好評をいただいてまいりました。

※当店取り扱いのすべての飾り花瓶は、転写を用いない総手描きによる一品物です。 作家による特別の銘入り桐箱が付属し、箱への名入れにも対応しております。

藤井錦彩
KINSAI FUJII

JTOPIAは高級有田焼・伊万里焼において最大の専門店です。安心してお買い求めくださいませ。

藤井錦彩は、現代的な染錦や金襴手、更には独自の黄金彩、プラチナ彩という表現方法を駆使し、独自の美意識と感性の世界を確立しています。 全国各地に熱心なファンも多く、個展開催を要望される百貨店も多い、著名有田焼作家の一人です。 白磁の人間国宝・井上萬二や川原留雄・金武自然を筆頭に各界の第一人者に師事。若干18歳の若さで長崎陶磁展朝日新聞社賞を受賞。朝日陶芸展、西部工芸展、出石磁器トリエンナーレなど、権威ある展示会で15回の入賞を果たし、ついには十代で知新会会員に推薦を受けました。 24歳のときにはすでに全国の大丸や三越などの有名百貨店や美術展で個展を重ね、また各工芸展への出品も精力的に行い、現在に至っております。有田焼の伝統にとどまらない陶磁器の美が、作品に宿っています。