ぐい呑みとお猪口の違いって何?知って得する器の常識

ぐい呑みと片口の画像 有田焼のあんなことやこんなこと

日本酒をのむ際に使用する器。皆さんは何を使われていらっしゃいますか?ぐい呑み?盃?カップ、もしくはグラスでしょうか?

そもそもお猪口とぐい呑みの違いはどうなっているのでしょうか?最近はテーブルマナーに世間の焦点が当たることが多くなり、器の種類や使い方についても興味を持たれる方が多くいらっしゃるようになりました。

そこで今回はぐい呑みとお猪口の違いについてスポットライトを当ててみます!

お猪口の意味、由来とは

お猪口と徳利の画像

お猪口(おちょこ)の由来についてひも解いていきましょう!そもそもお猪口とは猪口(ちょく)という言葉から生じた言葉です。意味としてはちょっとしたものを意味する「ちょく」や安直、飾らなさをあらわす直が関連しているとされています。

ぐい呑みって何?

徳利とぐい呑みの画像

ぐい呑みの言葉のゆらいは、グイっと呑む、グイグイ呑み進める、であるとされています。お猪口は酒を飲み干すタイプの小さな器ですので、その点飲み口良く飲み続けることができるのがぐい呑みと言えるでしょう。

昔は茶事で向付として珍味を添え、現代においても高級割烹や料亭で料理の器として使われることも多い器です。

ぐい呑みとお猪口の決定的な違いとは!?

よってお猪口とぐい飲みの決定的な違いはその器の大きさになります。これで疑問が解決した方も多いのではないでしょうか。

JTOPIAが取り扱うぐい呑み、盃は以下のリンクよりご購入いただけます。

この度も記事をご覧いただきありがとうございました。

有田焼ぐい呑み|プレゼントに人気の高級ぐい呑み特集