これであなたも焼き物鑑定士!?日本の3大有田焼!三様式の秘密!

日本で最も有名な焼き物ブランド「有田焼」!今回はその中でも、最も有名な3種類の有田焼様式「古伊万里」「鍋島」「柿右衛門」の三様式についてご紹介します!!

国内で多く普及するスタンダートブランド「古伊万里様式」!!

かつて日本では江戸時代に広く流通していた「古い伊万里焼」を指す「古伊万里焼様式」の有田焼!

そのファンは国内にはもちろん、ヨーロッパやアジアのみならず広く海外へ輸出され、古伊万里焼様式の作品は歴史的に深く親しまれてきました!それは後にお伝えする「柿右衛門様式」と「鍋島様式」以外に属する作品たちです!!

ここではその「古伊万里様式」の作品の中でも、極めて代表的な様式技術「染付」と「金欄手」についてご紹介します!

◆古伊万里様式◆

肥前有田で江戸時代に生産された、濃い染付と金襴手と呼ばれる赤や金の絵の具を贅沢に使った様式のことです。当時、これらの磁器は有田に隣接する伊万里の港から船積みされたことよりこの名が付けられています。

染付とは、素地の上に呉須と呼ばれる青色顔料で文様を描き、その上に透明の釉薬を施して焼き上げた、白地に青一色の絵付けのことです。

金襴手とは、色絵の磁器の上に金泥や金粉をあしらった金彩を施し、絢爛豪華に模様を描いたもののことです。
引用元:aritayaki.jp

有田焼(古伊万里様式)でいう「染付」とは「青花(せいか)」と呼ばれる装飾技法を用いた作品です!

青花(せいか)とは白地に青色の模様(文様)を描いた作品です!

一色のみを用いながらも、様々な文様を陶器・磁器の表面に書き込むことにより、極めて豪勢な存在感を放つ作品へと仕上がっています!!

引用元: e-nisiyama.com
染付とは、磁器の装飾技法のひとつで、白地に青で文様をのせたもののこと。もともとは中国で誕生したこの技法は、現地では「青花(せいか)」と呼ばれています。手法は、成形・素焼きを終えた白地に呉須(ごす)というコバルト系の顔料で図柄を描き、その上から透明な釉薬をかけて焼き上げます。
引用元:mag.rafuju.jp

「金襴手(きんらんで)」とは、絵付けを終えた後に、金色の模様(文様)を磁器の表面に焼き付けて仕上げる装飾技法です!!

その豪華絢爛な色合いの技術はもともと日本で発祥した技術ではなく、16世紀の中ごろに中国大陸から日本へ伝承されたものです!

一見、わびさびとは程遠いながらも、豪華な異彩を放つ金襴手磁器は多くの日本人の心を掴んできました!!

引用元: yakimonoichiba.com
金襴手とは陶磁用語で(きんらんで)と読む。絵付した後,金を焼き付けて文様を表したもので,赤絵,色絵に施す金彩との配色が織物の金襴(金糸で文様を織り出した織物)と似ているところからこの名が出た。16世紀中ごろ中国江西省景徳鎮民窯で作られ発達、江戸時代中期に日本に持ち込まれ白磁をベースに赤地に金彩で文様を表す金襴手が流行した。
引用元:ja.wikipedia.org

王族や貴族たちを魅了してきた「献上手古伊万里焼」とは!?

金襴手技法の伝統を受け継いできたのが「献上手古伊万里焼」と呼ばれる作品です!

豪華絢爛な模様が描かれた陶器や絵皿の人気は国内にとどまらず、海外の要人や貴族たちをも魅了してきました!!

金襴手様の伝統は「献上手古伊万里焼」の名門として知られる福右衛門窯によって引き継がれています!!

引用元: jtopia.co.jp
献上手古伊万里とは数百年前に世界中の王侯貴族を魅了した、多色と金彩を多用した最上級の古伊万里(伊万里焼)様式をモチーフに、福右衛門が洗練した紋様を総合し、総手描きによって創り上げた作品です。
引用元:fukuemon-kiln.com
福右衛門窯では現代的な転写技術に頼らず、脈々と受け継がれてきた伝統的な手法による作陶が行われており献上手古伊万里焼最後の担い手と言われている。
引用元:ja.wikipedia.org
福右衛門窯では近代的な印刷技術や、画一的な手描き手法などは一切使うことなく、脈々と当地で受け継がれてきた伝統的な手法による作品作りが行われており、それは作陶展において非常に高い評価を受けるに留まらず海外で古伊万里の講演や実演を行うなど、名実共に文化や技術の担い手として活躍されています。
引用元:fukuemon-kiln.com

白色陶器(磁器)で繊細かつ大胆な絵柄が輝く「柿右衛門様式」!!

かつての17世紀、ドイツのアウグスト王は自軍に属する600人の兵士と中国の純白の硬質磁器を交換しましたが、その中でも製法の技術を熱心に学び多くの模造品を作らせたのは、この「柿右衛門様式の有田焼」であると言われています!

また、それは「深みがあるけど真っ白で美しい白地」に赤・青・緑・黄などのカラフルな色合いを適度に施した「日本らしい上品かつ鮮やかな作品」を仕上げる有田焼三様式の技法の一つとして知られてきました!!

飾ってないけど、なぜかその特徴と美しさは存分に伝わります!そんな作品を作る技法なんです!

◆柿右衛門様式◆

濁手とよばれる透明感と暖かみのある乳白色のバックに余白を十分に残し、極めて繊細な黒い線と色鮮やかな赤・緑・黄・青で大和絵的な花鳥風月を左右非対称的で描写的に描いた様式のことです。

後期には、この4色に紫や金も加わるようになります。器の口縁に「口銹」と呼ばれる銹釉が施されている作品も多く見られます。

図柄には「岩梅に鳥」「もみじに鹿」「竹に虎」「粟に鶉」などの典型的なパターンも特徴的です。
引用元:aritayaki.jp

「柿右衛門様式」というのは、乳白色(濁手)の余白に「赤・黄・緑」や「青・紫・金」の組み合わせといった鮮やかな色合いを用いて絵柄を表現していく技法になります!!

日本国内で初めて赤絵付けに成功した柿右衛門様式は、有田焼の三様式の中でも特に余白をいかすことに成功した「慎ましく美しい代表的な和の極意」であると言えそうです!

引用元: toguri-museum.or.jp
柿右衛門様式は、最大の特徴である濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の素地に、明るい赤を基調とした色絵を施したものが最上級品です。
薄作りな皿や鉢類が数多く生産されました。それらは濁手素地の白の美しさを活かすため、余白を多くとったデザインになって言います。
引用元:japanese-traditional-crafts.com
柿右衛門様式といえば、〈濁手(にごしで。乳白手とも。)〉と呼ばれる純白の素地(きじ)に明るい絵付けが特徴ですが、この純白の素地を得るには、どうすればよいのでしょうか。まずは、素地や釉薬(ゆうやく、うわぐすり)の原料から着色の原因となる不純物を根気強く取り除き、丹念に精製するということが基本になります。それに加えて、ガラス質である釉薬は、厚くかけると青みがかってしまう性質があるため、できるだけ薄くかけなければなりません。
引用元:toguri-museum.or.jp

「柿右衛門」についても、柿右衛門窯で焼かれた「柿右衛門」と、それに倣ってつくられた「柿右衛門様式」があります。柿右衛門様式は、濁し手と呼ばれる乳白色の素地に描かれた赤・青・緑・黄などの鮮やかな彩色を施した、当時「赤絵」と呼ばれた上絵付けの色絵が特徴です。ふんだんに余白をとる構図の特徴から「余白の美」とも称されます。

佐賀藩たちの御用達!歴代の侍たちにも愛された3種類からなる「鍋島焼」!!

「鍋島様式」は「色鍋島・鍋島染付・鍋島青磁(せいじ)」と呼ばれる3種類の焼き物を作る技法に分かれます!!

鍋島染付と鍋島青磁は歴史的にも古く、鍋島藩窯の作品の多くはこの様式を指しているようですが、佐賀藩主(鍋島)が愛用してきた作品や当時の諸大名・幕府への献上品として利用されてきたのは「色鍋島」と呼ばれるタイプのものです!

今では有田焼三様式の中でも集客効果が高い「鍋島様式の色鍋島」をここで紹介しちゃいます!!

◆鍋島藩窯様式◆

青みがかった地肌やくし高台、裏文様に特徴があります。

その技法は、染付と赤・青・緑の三色を基調とした「色鍋島」、藍色で精緻に描かれた「藍鍋島」、自然の青翠色の「鍋島青磁」があります。

なかでも上絵を伴った「色鍋島」は佐賀藩主が使う食器や、諸大名・幕府への献上品として完成度の高い格調ある製品に仕上がりました。
引用元:aritayaki.jp
染付と赤・青・緑の三色を基調とした「色鍋島」、なかでも上絵を伴った「色鍋島」は佐賀藩主が使う食器や、諸大名・幕府への献上品として完成度の高い格調ある製品に仕上がりました。代表的な人物に、今右衛門がいます。
引用元:japanese-traditional-crafts.com

「色鍋島」は美しいながらも、豪勢な色合いから「八代将軍(徳川吉宗)の奢侈禁止令」により禁止されてきた文化でしたが、現代ではその圧巻の芸術品を作ってきた技法は再び脚光を浴びています!!

その色合いや絵付けの特徴としては、見る者へうったえかける四季の情緒の中でも常に「春」を貫く作品であるそうです!

基本的には「赤・青・緑」の三色を基調とした芸術品を作り出す様式として知られています!!

引用元: singingship.mitelog.jp

柿右衛門に並んで有田磁器の最高峰に位置づけられるのが伊万里 大川内山の藩窯でつくられた「色鍋島」です。「染付に赤、黄、緑の三色の釉だけで表現される鍋島文様は、色彩が技術的に完璧であるばかりでなく、不純な色合いが持つ美しさが認められないだけに、様式美が退廃におちいる危険性が希薄であった。それゆえに、どこまでも鍋島調は健康美に満ちている。

鍋島とは、佐賀の鍋島藩の藩窯で有田焼の技術をもった職人を集め、徹底的な秘密主義で技術を管理しながら、制作された磁器の名品で、将軍家、大名家、宮中などに献上する目的で採算を度外視して作られたものです。
引用元:singingship.mitelog.jp

自分だけの三様式と有田焼を探してみよう!ネットで見つかる芸術品!

JTOPIA:

有田焼の専門ネットショップで最大手のお店です!!取り扱っておられる作品が他店より多いのはもちろん、斬新でユニークな絵付けの作品や陶器のフォルムにも定評があります!

くりいむしちゅーの番組を筆頭に、すでに多くのメディアで紹介されております!

引用元: jtopia.co.jp
今回、僕が注文した「JTOPIA」さん。サイトの作りが完璧で、一目見て惚れ込んでしまいましたよ。有田焼というと最先端なイメージは一切ありませんが、このサイトは一線を画しています。ブロガーという職業柄、購入サイトのクオリティを見てしまう僕も思わず唸ってしまいましたとさ。
引用元:sekatabi.net
品揃えも豊富で迷いました。梱包などもしっかりしてて満足してます。
機会があれば、自分用のも買ってみたいです。
引用元:jtopia.co.jp
迅速丁寧な対応をしていただきました。割れ物でしたが、梱包も丁寧にされていました。金婚式での贈物にさせていただきましたがきれいな湯呑とよろこんでもらえました。また、利用させていただく時はよろしくお願いいたします。
引用元:jtopia.co.jp

Related Posts

About The Author

本物だけがもつ極上の美:お買い物はJTOPIAで

職人が紡ぎだす日本の美
JTOPIAは一流の職人・産地メ ーカーと直接提携しております。 その関わりの中で今まで知られ る事のなかった作り手の思いや、 作品へのこだわりを国内外の方 々へ 紹介いたします。
日本を代表する名品
個人のお客様を始め、 多くの法人・官公庁様 からもご注文を頂いて おります。特別な贈り 物や記念品、海外発送 もお任せください。
喜びを贈るギフト対応
当店の全作品を無料ギ フト対応を施してお届 け。熨斗(のし)、メッ セージカードも無料で 承っており、多くのご 好評を頂いております。
安心の万全梱包
贈り物専門のスタッフ による丁寧な包装を行 い、最良の状態で作品 をお届けするため最善 を尽くします。(破損率 は僅か1%以下です。)
個展で並ぶ最高品質
作家の個展や、美術画 廊で並ぶ、特A品質と 呼ばれる作品をお届け。 通常では出回らない高 品質の商品は美術的、 審美的価値があります。
  • お買い物の流れは右を ご覧ください。また、 ご不明な点などありま したらお気軽にお問い 合わせくださいませ。
  • お好みの商品を買い物 かごに入れてご注文く ださい。桐箱への箱書 きはこちらよりご購入 いただけます。
  • 注文画面の最終ページ で熨斗と箱書きの文言 をご入力頂くことがで きます。
  • 注文を確定すると自動 配信メールが届きます。 ご注文内容をご確認く ださい。※メールが届 かない場合
  • 在庫を確保した後、正 式な金額の注文確定メ ールを送信致します。 ※銀行振込の場合は お振込確認後に通知。
  • 発送完了後にお荷物番 号を添えたメールをお 届けします。クロネコ ヤマトの配達員がお届 けにあがります。
  • 職人が紡ぎだす日本の美
    JTOPIAは一流の職人・産地メ ーカーと直接提携しております。 その関わりの中で今まで知られ る事のなかった作り手の思いや、 作品へのこだわりを国内外の方 々へ 紹介いたします。
  • 日本を代表する名品
    個人のお客様を始め、 多くの法人・官公庁様 からもご注文を頂いて おります。特別な贈り 物や記念品、海外発送 もお任せください。
  • 喜びを贈るギフト対応
    当店の全作品を無料ギ フト対応を施してお届 け。熨斗(のし)、メッ セージカードも無料で 承っており、多くのご 好評を頂いております。
  • 安心の万全梱包
    贈り物専門のスタッフ による丁寧な包装を行 い、最良の状態で作品 をお届けするため最善 を尽くします。(破損率 は僅か1%以下です。)
  • 個展で並ぶ最高品質
    作家の個展や、美術画 廊で並ぶ、特A品質と 呼ばれる作品をお届け。 通常では出回らない高 品質の商品は美術的、 審美的価値があります。

  • 03-4405-5005
  • info@jtopia.co.jp