タモリさんが有田焼で有名な有田町へ ブラタモリの有田焼特集ってどんな番組だったの?

有田焼

以前ブラタモリで有田焼の特集が行われました。なぜ世界の有田焼になったのかと題して製作され、日本磁器発祥の地である有田の秘密にタモリさんが迫るというストーリーです。世界の有田焼として知られるようになる理由について、タモリさんが柿右衛門窯や香蘭社碍子工場など、町内にあるいろいろな場所をぶらぶらするという番組でした。

有田焼とブラタモリ

有田の焼き物が非常に発展していき現在も続いているのは、恵まれた環境や技術を支えた職人の努力のおかげと番組の中で話されています。有田焼は400年以上続いていて、今もその技術を受け継いでいます。タモリさんと一緒にその謎を解き明かしながら日本磁器発祥の地を探索していきます。有田焼は世界中に知られていて、日本の磁器発祥の土地として有名な佐賀県有田町において焼き物文化が広がりました。

タモリが有田焼制作の現場に

番組では重要無形文化財になっている柿右衛門窯での制作現場を見学することができ、貴重な製作プロセスを見ることが可能です。1640年代において初代柿右衛門が赤絵を創始してから、白磁の美しさなどの調和性を高め柿右衛門様式として確立されました。その美意識は現代まで途絶えることなく受け継がれており、酒井田喜三右衛門が赤絵磁器の焼成を完成し、初代酒井田柿右衛門をなのります。それから現代にいたるまでその名は継がれており、伝統を現在や未来に向けて伝えています。佐賀地方の方言では米の研ぎ汁を濁しと呼んでいて、米の研ぎ汁のような温かみのある白の地肌を持つ色絵磁器です。有田の泉山陶石などを使用した特別な原料や配合、独自の製法で製作されています。一般的な白磁は青味を帯びていますが、濁し手は柔らかい乳白色です。改良を続けながら1670年代に製法が完成し、その製陶技術は国の重要無形文化財から総合指定を受けています。

有田焼の作り方

焼き物は一つひとつ手作りになっていて、土をこねるところからスタートします。いろいろな工程を経て完成することになり、作品の特徴の一つに濁手素地と言う柔らかく温かみを感じる乳白色の素地があります。江戸中期になると柿右衛門様式に変わって、金や赤を多用した金襴手様式が色絵の主流になりました。その後明治や大正、昭和と移っていき濁し手の復興が待ち望まれましたが、十二代柿右衛門は子供の十三代柿右衛門と一緒に長い間途絶えていた濁手素地を復活させます。その技法は記録作成などの措置を講ずべき、無形文化財に選択されるようになります。製陶技術は特に優秀な技術者によって構成される保存会の設立を機に、その保存や育成が図られるようになりました。国の重要無形文化財として柿右衛門(濁し手)として総合指定を受けることになります。ブラタモリでは美しい陶磁器を見ることができたり、有田の街の歴史や陶磁器の歴史なども紹介しています。初代赤絵創始から370年もの間、その技術と精神は絶えることなく受け継がれており、現在も日本の大事な文化を体験することが可能です。

有田焼の名窯・一流作家の作品のみを厳選。国内最大級の伝統工芸品ギフト専門店です。
タイトルとURLをコピーしました