フランフランの有田焼って何?メーカーの歴史から特徴まで

職人・窯元・会社

francfrancの有田焼とは、francfrancというメーカーが販売している有田焼の製品のことです。francfrancは1990年に設立された小売業のメーカーで、おもにインテリアや雑貨を販売しています。お店の1号店がオープンしたのは1992年のことで、東京の天王洲アイルが1号店の出店場所に選ばれました。この1号店の開業からfrancfrancの歴史は始まり、以後お店は全国各地に店舗を出店し、2018年には合計で134の店舗を運営する大企業になりました。

インテリア雑貨の総合ショップ

国内だけでも127の店舗を営業していますが、海外にも香港など7ヵ所に支店があります。1990年の設立からわずか30年あまりで国際的な大企業になった歴史を持つこの会社ですが、販売している商品の種類がバラエティーに富んでいることも大きな特徴です。この企業では世界各国のさまざまな地域で製品を生産していて、それぞれの地域ならではの技術が製品作りに生かされています。イタリアやドイツ、フランスなどのヨーロッパの国をはじめとして、アメリカで生産された商品も販売しています。アジアではベトナムや中国、インドなどで生産された商品もあり、世界各国の製品を購入できるお店です。

日本製の雑貨もあり

この企業では日本で生産された製品も多く販売していますが、その中には日本の伝統的な技術を生かして作られたものもあります。この企業が日本の伝統技術を生かして製品作りをしているのは、日本の伝統を生かした魅力的な商品を作りたいと考えているからで、有田焼の製品も伝統工芸の技術を生かした優れた品質の商品として販売されています。francfrancでは常時およそ7000点にも及ぶ商品を取り扱っていますが、そのうちの70パーセント以上が自社で開発している製品です。自社で製品の開発をすることで、他の会社では販売していないようなオリジナルな製品を作ることが可能になり、多くのユーザーに支持されています。家具や寝具などのインテリアにも自社で開発した製品があり、食器やポーチなどの雑貨も自社で開発しています。

雑貨としての有田焼の新境地

そうした商品の一つが有田焼の食器で、毎日使用する食器に日本の伝統工芸の技術が生かされているところが、この企業の製品の魅力です。開発している製品の数も多く、毎年5000点以上の商品が開発されています。特に多くの新商品が登場するのが毎年の季節の変わり目で、2000点程度の新たな商品の販売が開始されます。常に新しい製品を開発している企業なので、店舗を訪れるたびに新しい発見があります。francfrancの商品はSNSに投稿する写真にも最適なことで人気があり、見栄えの良い写真が撮影できることから、SNSに投稿する目的で商品を購入しているユーザーも多くいます。有田焼の食器などもSNSに投稿するための写真に使用するには最適の製品で、そのまま写真に撮影しても見栄えが良いですが、料理を盛り付けて撮影すればさらにSNSでも注目される写真が撮影できます。

有田焼の名窯・一流作家の作品のみを厳選。国内最大級の伝統工芸品ギフト専門店です。
タイトルとURLをコピーしました