普段のご飯が格別に。ペアギフトに人気の夫婦茶碗!

結婚祝いにの夫婦茶碗 喜ばれる有田焼プレゼント特集

夫婦の贈り物に喜ばれる夫婦茶碗は結婚式や結婚記念日の贈り物に人気です。大切な方と一緒に使う器がおしゃれだと、毎日のご飯、食卓がよりおいしくなり、明日。こちらのブログ記事ではおすすめのブランド茶碗について紹介いたします。

大切な二人が迎える記念日にペア茶碗の贈り物!

普段からお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈るとっておきのアイテム。それが夫婦茶碗です。

カップルや夫婦、大切な二人へ贈る感謝にこそ夫婦茶碗。おしゃれなブランド高級茶碗は金婚式や銀婚式などの結婚記念日、初任給祝いや還暦祝い、長寿のお祝いなどにも人気です。

JTOPIAで紹介する夫婦茶碗は日本の名だたる窯元が創り上げた最高級の逸品でございます。職人による量産技法を用いない卓抜の逸品をご堪能ください。

兎の夫婦茶碗、夫婦湯呑セット

結婚祝いや引っ越し祝いにも、おしゃれで上品な夫婦茶碗

夫婦茶碗は二人で仲良く使える特別な器です。どちらか片方が知り合いの型であっても、その二人のために心をこめてプレゼントすることができます。かつては陶器やガラスなどの割れ物が結婚祝いに好まれないとする考えがありましたが、今では割れることが数が増えることにつながるということで、子孫繁栄、永久なる富の象徴として縁起の良い贈り物に数えられるようになっています。

毎日の暮らしに華を添えるブランド夫婦茶碗は、結婚祝いや引っ越し祝いにも人気の器です。

プレゼントにおすすめの特選夫婦茶碗!

有田焼の名匠が創り上げたプレゼントにぴったりの、おしゃれな高級夫婦茶碗をご紹介いたします。

⒈器に宿る無限の宇宙 青き明星 ペア茶碗

プレゼントに人気の青き明星の夫婦茶碗の画像

こちらの漆黒の艶感が美しい夫婦茶碗のセットは、同じサイズを組み合わせたご飯茶碗になります。

作者は有田焼を代表する名窯である真右エ門窯。氏のデザインは窯変とよばれる窯中の釉薬の化学反応によって発色を呈する非常に難度の高い技法を用いています。持っていて心地のよい丸いフォルムに、漆黒と、宇宙をあまねくてらす明星をあらわした青線が描かれ、別格の風貌をはなっています。

お茶碗の淵は釉薬で線が描かれ、凛とした様子です。漆黒がご飯の白さとコントラストとなり、ご飯がよりおいしく見えます。

日本の陶芸界で最高峰の名誉である日展特選を受賞した真右エ門だからこそなしえる独創の名品です。

青き明星の組茶碗の画像
【有田焼】夫婦茶碗 ”青き明星”

漆黒の天目に、明星を表した釉彩が描かれた夫婦茶碗です。
明星とは、明け方または日没後に1番星として輝く金星のことを指します。
韻をひそめた天目には幽玄が漂い、澄んだ空気の中で一段と輝く明星は物事を照らし出す吉祥をあらわしています。新規で物事を始められる開業祝いや新築祝いの有田焼プレゼントにおすすめです。

⒉ 国内外の王侯貴族が愛した献上金襴手様式の最高級夫婦茶碗

献上金襴手の夫婦茶碗の画像

同サイズの茶碗をペアにした夫婦茶碗のセットです。持ちやすい丸みを帯びたフォルムに、献上金襴手様式の豪奢な文様が総手描きで描かれた最高級の夫婦茶碗です。

献上金襴手様式は国内外の王侯貴族に献上された最上級の古伊万里の様式美を総合し、総手描きに徹底して作陶した器です。現代の有田焼は大半が転写とよばれるプリント印刷である中、献上金襴手はロイヤルブルーの輪郭線である染付の上に透明な釉薬をかけ1300度で焼成を行い、その上に秘伝として受け継がれてきた色絵具で絵付けを施し、800度で焼成、赤、緑、青など色を取り入れ、その上で本金を使い模様をつけ、装飾を施す難度の高い技法です。一色絵柄を描くごとに窯で焼成するため、完成まで数か月から半年ほどの時間を要する、こだわりの作品です。

窯元による銘入りの桐箱とウコン布が付属し、高級感をさらに高めています。数々の吉祥紋が描かれた本物の手描きの器。現代に現存する究極の様式美は格別のプレゼントに好評です。

最高級献上金襴手夫婦茶碗
【献上金襴手様式】 染錦本金彩・本白金彩 松竹梅 夫婦茶碗
江戸、明治と250年超の歴史を誇る名門窯元による作品です。
江戸期に日本の天皇家、将軍家に献上するよう作られた最上級の金襴手様式を現代に再現しました。
プラチナ彩と金彩と多彩な色彩が織りなす豪奢な夫婦茶碗です。
豪華絢爛な松竹梅、宝尽くしなどの縁起の良い文様が、柔和でもちやすいフォルムに華麗な筆致で描かれています。藍、紅、碧、金彩などが織り成す世界は、まさに現在に花開いた古伊万里です。

⒊有田焼白磁の名匠が創り上げた牡丹彫りペア茶碗

大・小セットがセットになったペア茶碗です。手轆轤で成形されたフォルムの大小が高級桐箱におさまる様は、美術品のような風貌ですらあります。

作者である山口幹彦は有田焼白磁の名匠として40年以上のキャリアを誇ります。国家指定の伝統工芸士として現在も精力的に活動する気鋭の作家です。表面には牡丹が手彫りで彫刻されており、光をあてることでその絵柄が透けて見えます。職人の神業をここに垣間見ることができます。

牡丹が掘られたお茶碗

有田焼の磁器は1300度で焼成されているため焼締まっており、硬質です。経年劣化なく末永くご使用いただけます。

白磁夫婦茶碗の画像
【朝日新聞掲載】夫婦茶碗 白磁牡丹彫り:有田焼

朝日新聞を筆頭とした大手新聞社にも数多く取り上げられる山口幹彦の力作。大き目の茶碗と一回り小さめのご飯茶碗とのお揃いの白磁牡丹彫りの夫婦茶碗です。

白磁発祥の地である「有田」を冠するにふさわしい、「白」が際立った作品です。
ぬけるように白い白磁に、牡丹の花が透かし彫りで花開いております。
毎日手にとっていただくご飯茶碗がこんなに優雅ですと、日々の愉しみとなるでしょう。

有田焼400年の伝統と歴史を継承した、有田焼の真髄ともいえる茶碗。ご夫婦の記念日に、大切な方への御祝に、結婚式の引き出物など、節目の贈り物に、好評をいただいております。

まとめ

二人の食卓を華やかにする夫婦茶碗のプレゼント。
他では手に入らない格別の逸品をお探しいただければ幸いです。

JTOPIAでは、上記で紹介させていただいた作品以外にも多数の有田焼茶碗を用意させていただいております。よろしければ下記URLよりご高覧くださいませ。

プレゼントに大人気の夫婦茶碗 2019年1番人気の特選有田焼茶碗