有田の代表的窯元 有田焼の三右衛門の特集

職人・窯元・会社

佐賀県における有田町の周辺にて作られた磁器または陶器を総称して有田焼と呼び、有田焼は硬さが硬い事によって丈夫であるのにも関わらず繊細さが感じられる透明感も有しています。しかも、透明感が強く感じられる白磁には金色や黄色、藍色や赤色などの色が鮮やかかつ繊細にデザインされているのも特徴的です。 そのように硬さが硬くて美しい上に、表面上は滑らかな様子になっているので食器として用いるのに適していて、高級食器として用いられる際には多くが磁器です。 そのような有田焼は3つに分けられる事を理解しておくと尚一層各々の特色が感じられるかと存じます。

柿右衛門窯

日本にて初めて赤絵と呼ばれる技法を使い柿右衛門様式を生み出して一世風靡を果たした柿右衛門窯。乳白色の余白に色絵を描く独自の様式を今日まで伝え続けている歴史ある窯元であり、磁器の余白により実現する明るさと繊細さが両立した絵画のような構図は華麗さと美しさを両立していて、国内はもちろん世界中の方々を魅了しています。

源右衛門窯

絵付けに関する柄をアクセサリーやインテリアに至るまで広げた嚆矢は源右衛門窯です。源右衛門窯で行われているデザインは古伊万里洋式を基本としつつ独自かつ現代的なデザインを施しているのが特徴的で、洗練さと優雅な美しさを感じる様子から磁器や陶器に長年にわたり寄り添い続けている方はもちろん、磁器や陶器に興味を抱いて間もない方まで支持しています。 このように一言で有田焼と言っても様々な窯が存在している上に、今もそれぞれの窯では品格と歴史を大切にしつつ新たなる挑戦をし続けています。

今右衛門窯

今日においても変わらず染錦の伝統を守り続けている今右衛門窯、江戸時代に藩における御用達の絵付師となって活躍を果たした歴史がある今右衛門窯は、伝統的な技法が重要文化財として扱われていますし、今日も変わらず伝統と共に技法を守っている今右衛門窯では格調が優れている陶磁器を製作中です。

有田焼の名窯・一流作家の作品のみを厳選。国内最大級の伝統工芸品ギフト専門店です。
タイトルとURLをコピーしました