有田焼の作り方、磁器と陶器の違いとは?作り方や歴史

有田焼の作り方

焼き物は土や石などを原料を形にして、焼いて作ります。形が出来上がるまでにいくつもの工程があります。
①採石 有田焼の原料は陶石と呼ばれる石が使われます。日本磁器の歴史は有田の泉山というところで陶石が見つかったところから始まっておりますが、
今では泉山の陶石ではなく、天草産の陶石が多く使われています。採掘された陶石はハンマーで砕石され、いくつかの等級に選り分けられます。
②成土 石のままでは形をつくれないので、クラッシャーという機械でくだき、さらにスタンパーという機械で細かい粉にします。その粉に水を加えて適当な堅さの陶土をつくります。
③土こね 次に陶土をよくこねます。陶土の中の粒にむらがあったり、空気の泡があったりすると、焼いたときに割れてしまったり、歪んでしまうからです。
④成形 形や大きさに合わせていろいろな方法を使いますが、回転するロクロの上に陶土をのせて形をつくっていく方法が普通です。
⑤素焼き ゆっくりと乾かした器をまず約九百℃で焼きます。
⑥下絵付 染付という青色の模様はこの工程で描かれます。素焼きされた器の表面に藍色の絵具である呉須などで描きます。
⑦施釉 器の表面をガラス質でおおうために釉薬を一面にむらなくかけます。
⑧本焼 ガス等の燃料を使って、器を約1300℃の高温で焼き上げます。色絵磁器などではさらに上絵付・上絵付焼成の工程が続きます。

有田焼の絵の描き方

陶土で作って乾燥した素地を約九百℃で焼いた物を素焼きと呼びます。この素焼きに呉須という酸化コバルトを主成分とする絵具で、
輪郭の線を描いたり、濃みとよばれる線の中を塗りつぶすことを下絵付といいます。濃みを描く為に使われる濃筆は鹿の毛で出来ている太い筆で、毛を指でおさえて、
呉須の液量を調整する事によって色の濃淡を表現します。呉須は中国の唐・明の時代から使われ、有田焼の技法としても広く使用されています。
下絵の色は青色意外にも、緑、桃、橙、黄などがあります。下絵付が済んだ後は釉薬をかけ、約千三百℃で焼くと素地は固く焼き締り、白くなり、表面は釉薬が融けて透明の光ったガラス質になっており、
その下に呉須で描いた模様が映ります。
釉薬の下に模様を描くのが下絵付ですが、その釉薬のとけたガラス質の表面に、金・銀・赤・黄・緑・青・紫・黒を使って様々な絵柄を描くのを上絵付といいます。焼き物の絵付がおわれば、上絵窯に入れ焼く八百℃で焼きます。そうすることでとても綺麗な色がつくのです。
上絵付の技法は1646年に中国から伝わったものを柿右衛門が始めたのが日本における起源とされています。上絵付の別名を赤絵ともいいますが、赤色だけを使ったものが上絵付にあたるわけではありません。他の色を使って描いたものもそれらに含まれます。
上絵付の絵描きの仕事は、粉状の絵具をすりつぶす作業からはじまります。それは何日もかけて行われるので、大変な忍耐を必要とします。
しかし近年は機会に夜大量生産の焼き物が出来る様になり、印刷技術により模様を転写する方法も行われています。
消費者のニーズに合わせ、焼き物のデザインが生まれ、手描きの絵付けだけでなく、そういった技術によっても新しい絵付の分野が誕生しております。

焼き物の製作工程

焼き物を大別すると陶器と磁器にわけられます。陶器は土か粘土を使います。
磁器を作る場合は陶石から陶土を作る必要があります。陶石を金槌で粗砕きしてよく乾燥させた後、
これを唐臼で長時間粉砕します。細かい粉になったものを大きな樽谷タンクに水と一緒に混ぜ合わせ、撹拌します。
白い濁り水になったところを別の樽にくみとり、沈殿させます。数日経って上澄みを静かに捨てると白い沈殿物が出来ます。
これが陶土で、これを素焼鉢や匣鉢に移して水分をぬき、成形に必要な硬さにします。
次に器物を作る工程に入りますが、その準備として土踏みをします。これは陶土の中に含まれる空気をぬくためと、
硬軟入り交じっている粘土を均一にするためのものです。この土をロクロの上に置き、形をつくります。
形をつくったあと、製品を2,3日乾燥させ、削りカンナで仕上げをします。その後、水ふき仕上げで素地の表面をなめらかにします。摂氏八百℃くらいで素焼きをします。
素焼きの製品の上に、呉須という絵具を使って絵を描きます。呉須に水を加え、引き臼ですりつぶして絵付けをすることを線描きと濃みといいます。
下絵付けが終わったら釉かけをします。この釉は長石・珪石に石灰分を調合します。うわぐすりとも呼びます。
施釉が終わったら本焼きするため、窯詰めします。今はガス窯がほとんどですが、登り窯のころは窯焚きを行います。本焼きの温度は1300℃~1500℃くらい。
上絵をつけるときはさらに本燃した製品に絵付けをします。このような複雑な工程を経て、陶石は磁器へと姿を変えていくのです。

磁器とは何か

磁器とは、陶磁器(やきもの)の一種です。
陶磁器は、陶器と磁器に大別されますが、そのうちの磁器についての特徴についてです。
磁器の原料は陶石と呼ばれる白い石です。
この陶石を砕いて粘土にしますが、陶器とは主原料の構成比率が違い、
長石や珪石の割合が高いのです。焼成温度は1300度で、陶器が1200度程度であるのに対して高温です。
1200度を超えると、珪石や長石が溶けてガラス化します。
このことで、硬質で耐久性のある仕上がりとなります。
ガラス質になるため、吸水率はほぼ0%です。
高温で焼きしめられているため、叩くと高く澄んだ金属音がします。
原料も白い陶石を使っているので、透光性のある白になり、顔料の絵付けもきれいに生きてきます。
そのため、基本的には透明釉をかけます。扱いやすく、普段使いにも最適です。
代表的な磁器は、日本では有田焼、九谷焼、砥部焼などがあり、
海外では青磁、マイセンなどが有名です。
そして日本での磁器の事始めは、有田焼なのです。

磁器の歴史について

磁器は、古代中国で誕生しました。
中国における磁器は、陶器からゆるやかに変遷しているため、
最初の磁器が焼成された時期には諸説ありますが、殷代中期といわれています。
白磁が焼成され、生産が盛んになったのが隋の時代です。その後改良を重ね、
日本にも伝わってきました。
戦国時代になると、千利休により茶の湯が流行し、武将たちは高麗茶碗に興味を持ちました。豊臣秀吉の朝鮮出兵の折に、佐賀藩主鍋島直茂は、数千人の陶工を連れ帰りました。その後鍋島藩は、積極的に陶磁器作りを奨励していきます。陶工の中に、有田焼の陶祖といわれる李参平がいました。彼は陶器の制作に納得できず、磁器の原料を探す旅に出たのです。そして、有田の泉山で白磁石を発見しました。ついに有田で1616年、日本初の磁器の焼成に成功しました。混ぜ物をせず、単身で白い磁器が作れる磁石は世界でも珍しく、泉山磁石と天草磁石だけです。
初期の有田焼はシンプルに白地に藍のものが多く生産されていました。
その後、多彩なものへと変遷していきます。色絵の中でも、赤を鮮やかに発色させることは特に難しいのですが、酒井田柿右衛門が成功し赤絵技法を確立させました。これは大変画期的で、鮮やかな磁器は人気を博し、オランダの東インド会社によってヨーロッパに輸出されました。伊万里の港で船積みしたため、有田焼は伊万里焼と呼ばれました。1670年から1690年代にかけて、「IMARI」は、欧州貴族の間で流行しました。豪華な色絵や金襴手は、純金と同等の価値で取引されたほどです。
世界に影響を与えた日本の磁器、有田焼は、ドイツのマイセン設立の礎ともなりました。イギリスのチェルシー、フランスのシャンティーなど、17世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパ各地の窯に影響を与えたとされています。
有田焼はさらに芸術性を高めてゆき、19世紀にはパリ万国博覧会に出品されました。
現代も、有田焼の陶工たちは、伝統を継承しつつ現代のライフスタイルに合った磁器を作り出しています。

陶器とは何か

陶器は作られるまでに長い時間を要します。
まずは材料となる土から用意する必要があります。もちろん土ならなんでも良いと言うわけにはいきません。1000度を超える火に耐えれるものが必要。土の用意ができたらよく練ります。
粘土が完成したところで、陶芸といえば、ろくろの出番。ろくろには手動式のものと電動式のものがあります。粘土はやわらかいので形が崩れやすく、集中力が不可欠。
形ができたら、ろくろから丁寧にはずし、乾燥させます。温度や湿度、作品の大きさや厚みによって、数日から数週間、全体的にむらなく乾燥するまで待ちます。この間、半乾燥と呼ばれる数時間の乾燥の後、形作りを仕上げ、後にしっかり乾燥させる場合もあります。形ができたら、ろくろから丁寧にはずし、乾燥させます。温度や湿度、作品の大きさや厚みによって、数日から数週間、全体的にむらなく乾燥するまで待ちます。この間、半乾燥と呼ばれる数時間の乾燥の後、形作りを仕上げ、後にしっかり乾燥させる場合もあります。
早く乾かそうと焦ると、ひび割れの原因になるので、ゆっくりじっくり乾燥させなければなりません。 早く乾かそうと焦ると、ひび割れの原因になるので、ゆっくりじっくり乾燥させなければなりません。
数日から1~2週間ほど乾燥させたら、いよいよ窯の出番です。800度ほどで数時間から一日焼きます。この工程を素焼きと呼びます。 数日から1~2週間ほど乾燥させたら、いよいよ窯の出番です。800度ほどで数時間から一日焼きます。この工程を素焼きと呼びます。
釉薬(ゆうやく)を使い色付けしたら、再び窯に戻し本焼きをします。1200~1300度の高温で数時間から、大きな作品では数週間焼き続け、できあがりを待ちます。
窯の中の温度が下がったら、やっと完成品とご対面。想像を全く超える作品や残念な失敗作かは、窯のみぞ知ると言ったところでしょうか。

土器とは何か

土器は縄文式土器、弥生式土器、土師器(はじき)、そして須恵器(すえき)に代表されます。主に粘土を用いて形作られ、焼き固められた容器の事で、
所謂、素焼きと言われるものです。時代時代で文様や形状も異なり、それぞれ特徴を持った土器になっていると言えます。
縄を撚り、束ねて文様を作った事から名付けられた縄文式土器は、食べ物の煮炊きや盛り付け、水などの保存に使用されていました。又、それ以外に祟
りや怨霊など、死者の霊が関与すると信じられていた災難の排除に、呪術用としての重要な役割も担っていました。
その為、初期の縄文式土器はシンプルとは言え、総体的には複雑な文様で形の変化も際立ったものになっていました。
一方、土器が出土した向ヶ丘貝塚のある弥生町に因んで付けられた弥生式土器は、高杯や鉢などの食べ物の盛り付け用から、煮炊き用の甕、保存用の壺など、実際の生活の場で役立つ実用的なものを主体に作られており、呪術とは無縁のものでした。
そして、よりシンプルでバランスの取れた形が特徴の土器が土師器です。色は赤褐色で個人用の食器など、実用的なものを中心に作られています。弥生
時代から引き継がれた技法で、底から紐状にした粘土を輪積みにして形作ったものを焼いて仕上げます。
しかし、同じ土器でも焼きの温度1000℃を目安に、それよりも低温で野焼きされたものは縄文式土器、弥生式土器、土師器として同系列にまとめられ、
1000℃以上の高温で、ろくろで成型し、焼締められる須恵器とは区別されます。
須恵器は新羅土器などとも呼ばれ、朝鮮半島伝来の技法で窯の中での焼成が特徴です。硬く緻密な青灰色の土器で、奈良県で生産されたのが始まりです。
堅牢度が高く、水や食べ物の保存用に適した壺や甕、皿やお椀などの生活用品として、又、葬祭事用容器としても使われていた様です。
この須恵器から更に発展したものが、現代の私達の生活に身近な備前焼、信楽焼、越前焼などの陶器と言われています。
縄文式土器の作り方は、まず粘土を手でこねて、ひも状にします。それを土台となる丸くした粘土に巻いていき、しっかりとくっつけていきます。ひも状の粘土をしっかり伸ばさないと、空気が入り、破損の原因となります。
その後、縄で土器の表面に模様をつけたり、粘土で装飾をつけます。これらの模様は、装飾的な意味もありますが、土器の表面を縄で模様をつけることで、土器の強度をあげる効果もあるそうです。出来上がった土器は一週間乾ほど燥させた後に、野焼きを行います。
野焼きは広い場所で火をおこし、薪をくべて熱くなった中に、土器をいれて焼き上げます。ここできちんと粘土つなげていかないと、焼いている間に破損してしまいます。縄文時代の土器は、焼き上げたあとに調理器具としてつかうため、焼きあがった土器に米や雑穀などを入れて煮込む作業を行います。
こうすることで、穀類のでんぷんが土器の中に入り込んで、水が漏れにくくなるのだそうです。

釉薬の作られ方

有田焼を分類する際に最も基本となるのは釉薬です。釉が白く見えるものを「白磁」、緑色や青く見えるものを「青磁」、茶色やチョコレート色に見えるものを「鉄釉」などと呼びます。それに加えて釉薬の下に別の金属物質で模様を表したものを「染付」や「辰砂(しんしゃ)」と区分し、さらに釉の上に色絵具で文様を描き、再び焼いて文様をあらわしたものを「色絵」と分類しております。このように釉薬を中心にして、釉薬自体の成分にもとづく色調の違いによる分類と、釉薬の上下の絵付けで分類するのがほとんどでございます。

湯のみ、茶碗など何気に毎日使用している物、この原点になる釉薬はどのようにして出来たのでしょうか。

釉薬(ゆうやく)とは、別名上薬(うわぐすり)とも呼び、陶磁器や琺瑯の表面をガラス質にするためにかける薬品のことを言います。 釉薬をかけて焼くことにより、器は様々な色に変化し、また小孔をガラス質が覆うことで液体や気体が染み込まないようになり、丈夫になります。

釉薬の原料は主に長石、灰、粘土であり、大抵は3~10種類位のものを混ぜて作ります。
まずそれぞれの原料をきちんと計ります。それらの原料をよく混ぜてから水を加えていきます。それを篩に何度かかけ、沈殿させた後に濃度を調整すると釉薬の完成です。
それぞれの原料には働きがあり、骨格となる成分、熔ける温度を調整する成分、色をつける成分が含まれています。
通常、粘土は1250℃付近で焼成するとガラス化して陶器となるため、釉薬も同じくらいの温度で熔けるように調整します。
釉薬の調整は経験的に行われることも多いのですが、ゼーゲル式と呼ばれる化学式を用いることもできます。
ゼーゲル式を用いると、その調合ではどのくらいの温度で溶融するか、またどのような色調になるかを予測することが可能です。
計算式はかなり複雑ですが、現在ではその計算を行うエクセルシートをダウンロードできるwebサイトもあるようです。

釉薬に関しては様々な成分が複雑に作用しているので焼成の影響も受けますし、それにより焼き物の出来も違いがでてきます。

釉下について

肥前磁器はさまざまな方法で器を飾りましたが、その装飾の仕方には大きく分けると、前述した釉薬の上、そして下に分けられます。まず、本焼き段階で彩られた釉薬の下に文様を表す方法としては、「染付」を代表として、「鉄絵」「辰砂」などの色の顔料を使い、ふつう筆で表現する技法があります。加え、素地が成形後、まだ柔らかい間に、器体に掘ったり、押捺するなどして陰刻する方法として、「線彫り」「ヘラ彫り」「印花」「飛鉋」などがあります。その一種で、切り抜いてしまう「透かし彫り」もございます。陰刻に比べて少ないですが、文様を素地上に貼付けて陽刻で表す「貼付」や白化粧土で文様を表し、白く浮き出た文様を表す「白土描法」もわずかにございます。

染付の作り方と歴史

中国・元時代の14世紀に、江西省景徳鎮で青い文様を筆で描いた染付の生産が始まりました。中国では「青花」と呼び、青色顔料の呉須(ゴス)を用いた磁器はもっと早く宋時代に始まったという説もございます。

15世紀に主流であった青磁に代わり、染付は次第に普及していきました。16世紀になると磁器の主流となり、大航海時代により万里を超えてやってきたポルトガルやスペイン等がアジアに進出。景徳鎮の染付をヨーロッパにまで大量に運び始めました。

日本の戦国時代には景徳鎮の染付が高級磁器としてたくさん輸入されました。染付の需要が増大したため、海外輸出しやすい福建省南部でもより粗製の染付生産が16世紀後半から本格化しました。

そうした染付が磁器の主流の時代に、肥前磁器が、日本初の磁器として佐賀県有田で誕生しました。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、連れられて来られた朝鮮の陶工が有田で焼成に成功した事が始まりです。

16世紀の朝鮮では白磁が主流であり、白磁を作っていた陶工でありましたが、日本人が景徳鎮の染付を求めていたため、ただちに染付生産を行うこととなりました。

青色の顔料は呉須といい、中国から輸入したコバルトを含むもの。スマルトとも呼びます。中国も古く元から明の15世紀ころまではペルシャから輸入したといいますが、16世紀になると代わって中国産の呉須を使うようになりました。

日本で最初の磁器として始まった有田の染付では、装飾の仕方として輪郭線などを描く「線描き」と、その線の内側を面として塗り込める「濃み(ダミ)」に大別されます。両者は使う筆も異なり、分業体制の中では職人も異なりました。ちなみに、線書きをおこなう職人は、当時、「絵書き」と呼ばれたといいます。ろくろをまわして成形をする「細工人」とともに重要な職人でございました。

有田磁器の場合、1630年代では染付けの線描きとダミで主に表現されましたが、この磁器に見られる方法として点描が少なくありません。また吹き墨と呼ぶ、吹き付けて背景を作る表現もございます。

1630~40年代ころになるとダミに濃淡2種類以上を使い分けて表現するものが多くなりました(染付唐人変型小皿 1640年代など)。また線描きにより細い線描きも現れました。染付のダミ地に釘状工具で呉須を掻き落して青い地に白抜き線の文様を表すものです。(染付兎網目文小皿 1630~1640年代)また青磁や瑠璃釉との組み合わせで表現した染付もございます。青磁との組み合わせでは青磁釉の下に表現するほか、青磁釉を掻き取り鷺などの文様を染付で表現し、くちばしなどは青磁釉の上からゴスで描くこともありました。

肥前磁器の技術は1650年前後に中国の技術を導入して著しい技術革新を果たしました。染付装飾の上では、白抜き線の表現がそれまでの掻き落としに代わって墨弾き技法が始まりました。(染付月薄草花文皿1650~60年代)墨弾きは白抜き線文様を先に墨をつけて筆で描き、上からダミで塗り、焼くと墨は消えゴスは残るのです。こうした両者の正確の違いを利用して、繊細な白抜き線文様を表しました。

また、墨弾きの場合、白抜き線を輪郭として内側を濃いダミで表し、外を薄ダミで表すなど、より豊かな表現が加わりました(染付水仙文変形皿)。さらに、線彫りを施したり(染付瓜文皿1650~1660)、型で陽刻文様を表した上に薄ダミを施して焼く事で凸部の文様が白く浮き上がります(染付桃葉文桃形小皿1650~70年代)。17世紀後半になると、線描きは17世紀前半に比べて細くなり、より滑らかでもっとも絵画的表現に近いものとなりました。ダミも濃淡2種に加えてぼかしダミも巧みになります。(染付雪輪唐草渦文輪花小皿1655~60年代)一方吹き墨はほとんど行われなくなりました。

1670~90年代には一層線描きが細かく繊細緻密な表現となる。色絵では柿右衛門様式が作られた時期です。この時期にも青磁染付があるが、17世紀前半と異なり、青磁釉を掻き取るのでなくマスキングして青磁釉をかけ、文様を染付けし、一部は青磁釉の上からゴスで描きました。(青磁染付鳥文葉形三足大皿1660~80年代)染付兎文兎形小皿1660~80年代はこの時期に雨降り文などいくらかみられる微細な列点状の表現で兎の毛を表したものです。18世紀前半に鍋島焼きがこの表現の兎文皿を作っております。

特殊な例として染付蝶花唐草文輪花皿1670年代 の蝶の羽の斑紋はゴスを濃く塗り、銹状の茶色で表現しております。

この時期に型紙摺りで表す方法が始まりました。文様を刻んだ型紙を器面に当て、呉須を摺り込み、型紙をはずすと文様が表せます。筆で描くのとは違った味わいの線描きです。(染付桜花七宝紋手塩皿1680~1710年代)

さらに1690年代になると、染付模様をはんこで表すいわゆる「コンニャク印判」技法が現れました。(染付宝珠梅唐草文角手塩皿1690~1700年代)この技法は18世紀で消えた為、現在、どのような材質のはんこであったかなど不明ですが、曲面に押しやすい弾力性のある印材であったと推測されます。同じ頃に同様の技法が行われた中国では牛の皮に文様を刻み、それによって押したとのことです。

1690年代ころにみられるものとして、型で太刻模様を外側に表した香炉・瓶・蓋物などがあり、それに濃淡のダミを加えて独特の表現となりました。(染付柴束花紗綾形文八角香炉1690~1700年代)

18世紀になるとゴスの青の色調は、よく焼けている場合でも、青黒く見えるものが現れます。

18世紀後半になると、ゴスは一層青黒いものが多くなりました。墨は時期は17世紀後半のような繊細で滑らかな表現ではありません。青磁染付や瑠璃釉染付も引き続き作られました。

1780~1810年代に吹き墨が再び現れますが、小さい塊の連続であり、初期の吹き墨とは技法には違いがあると思われます。(染付貝文猪口1780~1820年代)19世紀前半にはゴスは鮮明な青黒い発色のものとなります(染付牡丹花唐草文輪花皿1800~40年代、染付茄子文八角小皿1800~40年代)。1820年代以降、線描きのみで文様を表した「素書き」と呼ばれる装飾が中国清朝時期の影響で流行しました。(染付花唐草文鉢1810~50年代)

有田焼の原材料と泉山磁石場

日本磁器発祥の地 有田の歴史は、17世紀初頭、金ヶ江三兵衛がここ泉山で陶石(磁器の原料)を発見した事から始まります。
それまでは陶器が主流だった我が国の陶磁器生産に大変革がもたらされ、有田周辺には多くの磁器窯が築かれました。
江戸時代、良質の泉山陶石は皿山代官所によて厳しく管理・統制されており、そのため利用出来る範囲も限られ、最も上質なものは御道具山(鍋島藩窯)が使用し、それ以外の陶石を内山、外山などの窯焼きが購入する場合は等級の区別がありました。
「400年かけてひとつの山を焼き物に変えた」と言われる泉山磁石場は、日本磁器生産に関わる遺跡として、天狗谷窯跡、山辺田窯跡などの五窯跡と共に昭和55年、国の史跡に指定されています。

Related Posts

About The Author

本物だけがもつ極上の美:お買い物はJTOPIAで

職人が紡ぎだす日本の美
JTOPIAは一流の職人・産地メ ーカーと直接提携しております。 その関わりの中で今まで知られ る事のなかった作り手の思いや、 作品へのこだわりを国内外の方 々へ 紹介いたします。
日本を代表する名品
個人のお客様を始め、 多くの法人・官公庁様 からもご注文を頂いて おります。特別な贈り 物や記念品、海外発送 もお任せください。
喜びを贈るギフト対応
当店の全作品を無料ギ フト対応を施してお届 け。熨斗(のし)、メッ セージカードも無料で 承っており、多くのご 好評を頂いております。
安心の万全梱包
贈り物専門のスタッフ による丁寧な包装を行 い、最良の状態で作品 をお届けするため最善 を尽くします。(破損率 は僅か1%以下です。)
個展で並ぶ最高品質
作家の個展や、美術画 廊で並ぶ、特A品質と 呼ばれる作品をお届け。 通常では出回らない高 品質の商品は美術的、 審美的価値があります。
  • お買い物の流れは右を ご覧ください。また、 ご不明な点などありま したらお気軽にお問い 合わせくださいませ。
  • お好みの商品を買い物 かごに入れてご注文く ださい。桐箱への箱書 きはこちらよりご購入 いただけます。
  • 注文画面の最終ページ で熨斗と箱書きの文言 をご入力頂くことがで きます。
  • 注文を確定すると自動 配信メールが届きます。 ご注文内容をご確認く ださい。※メールが届 かない場合
  • 在庫を確保した後、正 式な金額の注文確定メ ールを送信致します。 ※銀行振込の場合は お振込確認後に通知。
  • 発送完了後にお荷物番 号を添えたメールをお 届けします。クロネコ ヤマトの配達員がお届 けにあがります。
  • 職人が紡ぎだす日本の美
    JTOPIAは一流の職人・産地メ ーカーと直接提携しております。 その関わりの中で今まで知られ る事のなかった作り手の思いや、 作品へのこだわりを国内外の方 々へ 紹介いたします。
  • 日本を代表する名品
    個人のお客様を始め、 多くの法人・官公庁様 からもご注文を頂いて おります。特別な贈り 物や記念品、海外発送 もお任せください。
  • 喜びを贈るギフト対応
    当店の全作品を無料ギ フト対応を施してお届 け。熨斗(のし)、メッ セージカードも無料で 承っており、多くのご 好評を頂いております。
  • 安心の万全梱包
    贈り物専門のスタッフ による丁寧な包装を行 い、最良の状態で作品 をお届けするため最善 を尽くします。(破損率 は僅か1%以下です。)
  • 個展で並ぶ最高品質
    作家の個展や、美術画 廊で並ぶ、特A品質と 呼ばれる作品をお届け。 通常では出回らない高 品質の商品は美術的、 審美的価値があります。

  • 03-4405-5005
  • info@jtopia.co.jp