益子焼のすべて。歴史~窯元や作家まで

益子焼の画像 有田焼のあんなことやこんなこと

益子焼は北関東の器として知られています。民芸品として発達した品ですが、一体どのような歴史や特徴があるのでしょうか。人気窯元や通販サイトまでその全貌と細部に迫ってみました。

益子焼の歴史と特徴

1853年に笠間の陶工、大塚啓三郎が益子で粘土を発見し、窯と築いたのが益子焼の始まりです!当初は笠間焼に影響を受け、甕や壺などの日用品を生産し、黒羽藩の殖産として生産を奨励したこともあって発展しました。

濱田庄司の影響

明治維新後に益子焼は一時的に衰退しましたが、鉄道で東京と結ばれ、販路が拓かれたことで、日常品の大産地として復活。さらに昭和初期に至り、民芸活動の指導者である濱田庄司の影響から、関東での民芸陶器の一大産地として有名になりました。

陶芸家島岡達三の登場

益子焼の陶芸家で、濱田庄司弄い1年ぶりに人間国宝に指定されたのが島岡達三です。民芸陶器に、縄文象嵌の技法を持ち込み、独特の作風を創り上げました。益子には現在でも多くの作家がおりますが、その象徴ともいえる存在が島岡達三です。

益子焼は磁器でなく陶器

益子焼は磁器でなく陶器になります。陶器と磁器を見分けるこつは下記になります。

磁器と陶器を見分け方
⒈磁器には透光性があります。光にかざすことで若干透けて見えます。一方陶器は光を通しません。
⒉磁器には吸水性がなく、ごみやほこりを吸着させないため手入れが簡単です。一方陶器は水を吸い込む性質があり、日干しや消毒などを的確に行わないと汚れの原因となります。
⒊たたいた際の音が磁器の場合は凛とした金属質の音がします。一方陶器は鈍い音がします。
⒋磁器は純白色の済んだ色をしていますが、陶器の多くは淡い色をしています。
⒌陶器は柔らかく、気孔が多くざらついています。一方磁器は気孔が少なく緻密にできています。


https://www.jtopia.co.jp/blog/%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a7%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%ef%bc%9f%e9%99%b6%e5%99%a8%e3%81%a8%e7%a3%81%e5%99%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84/

益子焼の作家や窯元

益子には伝統的な窯元に加えて多くの陶芸家が窯を開き、その数は100を超えます。それぞれ個性的な作品を作り、現代でも関東における陶芸産地、民芸陶器の生産地として知られています。通販を行っている販売手や人気窯元について紹介いたします。

益子焼 よしざわ窯

益子焼の製造から販売までを行う窯元で、30人ほどの方がお仕事に従事されております。

よしざわ窯のがぞう

家族や友人を中心に少しずつメンバーが増え、現在は30名ほどで運営しています。仕事の内容をおおまかに分けると、生地制作担当、仕上げ担当、釉薬掛け・窯焼き担当、検品や発送業務の担当、お客様応対担当、写真撮影など編集担当といった具合です。


https://www.yoshizawa-gama.com/?mode=f2

株式会社つかもと窯

益子焼最大の窯元です。創業は1853年、窯元の敷地内にレストランなども併設され、レジャー施設として観光にも利用されています。

益子焼つかもとの画像

益子焼最大の窯元「つかもと」では、自然に囲まれた広大な敷地の中で、陶芸体験やギャラリー、工場見学が満喫できます。見る、買う、遊ぶ、食べるをこの場所ですべて楽しめます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

https://www.jalan.net/kankou/spt_09342ga3552086872/

まとめ

関東が誇る民芸品、益子焼。 素朴な味わいがやさしげな風貌です。 その歴史や窯元の多様性は関東の焼き物を代表するものと言えますね。