108歳の誕生日を祝う茶寿について

お祝い・プレゼント

 現代は高齢化社会の進捗とともに様々な方が元気でいらっしゃるようになりました。100歳を超えても矍鑠と元気で長生きをしている人がいらっしゃいます。 茶寿祝いとは108歳になった際の長寿のお祝いとなりますが、今回はその由来と意味を紹介いたします。

茶寿祝いの由来

 茶の文字は分解すると八十八、十、十になるので合計すると、108になるのが由来です。 還暦や古希などのお祝いには、赤や紫などのテーマカラーがあるとされています。 還暦や古希などのお祝いをする時は、赤や紫などの座布団や下着、ちゃんちゃんこなどのイメージがございます。(長寿祝の色は近年百貨店業界が定めたものが大半ですので、必ずしも従う必要はございません。) 茶寿祝いにはテーマカラーがあるのか、知っておきたい人が増えています。 基本的には100歳を超えているお祝いには、テーマカラーは存在しません。 茶寿を迎えている男女は、高齢になっているため外出をするのが難しいケースが多いです。 還暦や古希などの場合はレストランを予約して、お祝いをすることが多いですが、100歳を超えている場合は自宅でお祝いをされる方が大半です。

敬意をこめて

茶寿祝いとは世紀的な長寿を祝うための儀式なので、子供や孫、親族などでお祝いをすることが多いです。 好物の料理を用意してあげると喜んでいただけます。茶寿祝いには特段テーマカラーはありませんが、縁起の良い色の赤や高貴な印象の紫は根強い人気があります。 茶寿祝いの由来と意味を知っておくことで、大切な家族にお祝いの準備をすることが出来ます。 いずれの長寿祝も高齢者に尊敬の意を示すことが大事です。

有田焼の名窯・一流作家の作品のみを厳選。国内最大級の伝統工芸品ギフト専門店です。
タイトルとURLをコピーしました