111歳の誕生日を祝う皇寿について

お祝い・プレゼント

皇寿祝いとは長寿祝いの一種であり、111歳のお祝いのことを言います。由来と意味はそれぞれの漢字から来ているということです。「皇」の字は「白」と「王」の2つの字に分けることができますが、「白」は「百」の「一」が無いので「九十九」を表します。

皇寿の由来

そして、「王」を分解すると「十」と「二」になるので「十二」となり、これらを足して111になるため、皇寿と呼ばれています。また、王寿や川寿と呼ばれることもあります。111歳のお祝いは地域によって呼ばれ方が異なることもありますが、大変な長寿なので111歳を迎えた人に対しては敬意を払うべき存在です。現代の日本は平均寿命が延びており、多くの人が80歳以上まで存命されます。時代の発展と共に皇寿を迎える方が増えてくる可能性が高まってまいります。過去は40歳や50歳が平均寿命だったという時代もありましたが、その頃と比べて平均してはるかに多くの人が長生きをするようになったと言えるでしょう。

御祝いの儀

 現在では過去に老年とされた60歳を超えても現役で働いている人や健康で若々しい人が非常に多くいらっしゃいます。皇寿祝いはその先をいく人類の歴史に残る長寿ですので、大きなお祝いの儀とするのが良いでしょう。皇寿祝いでプレゼントを贈る場合、せっかくのお祝いですし、相手に喜んでもらえそうなプレゼントを事前に考えて用意しておきましょう。還暦など長寿祝いには赤や白などそれぞれテーマカラーが決まっています。しかし、100歳を超えた長寿祝いにはテーマカラーはありません。そのため111歳のお祝いである皇寿も同様に特定の色彩は決まっておりません。遥か時を生きた先人に大いなる敬意をこめて特別のお品をお送りしたいものです。

2020年決定版!古希・喜寿・傘寿・米寿、長寿祝いのお祝いプレゼントランキング

有田焼の名窯・一流作家の作品のみを厳選。国内最大級の伝統工芸品ギフト専門店です。
タイトルとURLをコピーしました