77歳の誕生日を祝う喜寿祝いのプレゼント特集

お祝い・プレゼント

77歳の誕生日を祝う喜寿祝について

喜寿祝とは77歳の誕生日を祝うことです。その由来と意味は喜寿の喜の草書体が七十七と見えることからによるものです。本来は数え年で77歳の年齢で祝いました。日本では以前誕生日は数え年で計算していて、つまり生まれた時を1歳と計算しました。それで昔の喜寿は現在で言えば76歳の時に祝ったものです。しかし、現在は年齢の数え方は満~歳で数えるので、満77歳の時に喜寿祝をするのが普通です。日本ではこの他に還暦(60歳)、古希(70歳)、米寿(88歳)のように年齢の節目で祝い、これを年祝と呼びます。日本は今でこそ世界でも有名な長寿国ですが、昔は平均寿命が60歳以下とそれほど長くなかったので、長生きをした喜びを表すものとして年祝の言い方が生まれました。喜寿を祝う習慣が始まったのは室町時代で、還暦や古希のお祝いは中国から伝わりましたが、喜寿以降の年祝は日本独自のものです。喜寿のテーマカラーは紫とされています。また、長寿の紫は喜寿ばかりでなく、古希でも紫のものをお祝いに用いることがあります。これは紫が古代から特別な意味を持つもので、例えば聖徳太子が活躍した時代には貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表すカラーでした。僧侶が紫色の衣を着るのは最高位の僧侶だけだったので、このことから紫は気品と風格を併せ持つ最高のカラーと尊ばれたのです。また紫色には心身共に癒しの効果があるとされるカラーで、それで昔の人は不安や心配な気持ちがある時には身近に紫のものを置いて、不安をやわらげていたとも言われています。(ただしこれには諸説あり、一般的に百貨店業界が近年普及させたマナーになるので、絶対視する必要はございません。)現在は生命が100歳と言われるなかでは77歳はまだまだ活躍できる年齢です。77歳になった人には尊敬の気持ちを込めてお祝いしましょう。

喜寿祝いに用いる熨斗、表書きとは?

7歳の喜寿祝いでは、熨斗をつけて贈り物をプレゼントするのが基本となります。 表書きには喜寿御祝や喜寿祝が一般的です。また、熨斗の花結びは蝶結びともいい、何度も結び直せることから、何度お祝いしても良い慶事を意味します。 一方表書きとは熨斗の上段に書くタイトルのことで、喜寿御祝の他に祝喜寿と書く手もあります。 近年はメッセージを書くケースも増えており、おめでとうやありがとうなど、やや砕けた文体もユニークとされています。 ただし、メッセージの受け取り方は相手次第ですから、喜寿祝いを贈る相手に合わせて内容を考えることが大切です。 ちなみに蝶結びの下には家族一同などというように、誰がお祝いの送り主かを書き入れます。 相手の名前を書くのは間違いですから、しっかりと確認してから書いていきましょう。 年齢のお祝いは1回ずつなので、水引に結び切りを選んでしまう人がいますが、これは誤りで失礼に当たることから注意が必要です。

喜寿祝いのプレゼントに喜ばれるものは普段使いの器

喜寿祝いのプレゼントに喜ばれるものとしては、普段使いできる器がおすすめです。 具体的には湯呑や茶碗、マグカップといった器で、夫婦ならペアで贈りやすく使いやすいのも人気の理由となっています。 湯呑や茶碗なら毎日使いますし、いくつあっても困ることはないですから、失敗する恐れのない贈り物として選べます。 マグカップも同様に、夫婦ならペアで一緒に使えますから、喜びも2倍になって毎日が楽しくなるでしょう。 77歳の誕生日はやはり、数字の並びもあっておめでたさが一際なので、特別感のある贈り物を検討したいところです。 グルメや旅行などの体験もありですが、これらは一度楽しんだ後は思い出のみが残り、形に残るものはないのがネックです。 写真やお土産も立派な思い出ですが、 洗練された器は特に、手に持ったり眺めるだけで所有する喜びが何度でも味わえるので、プレゼントの有力な候補になります。

喜寿祝いに人気のプレゼント 【有田焼】広口コーヒーカップ 桜花紋

喜寿祝いで人気の【有田焼】広口コーヒーカップ 桜花紋は、夜空に咲く桜の情景をイメージした作品です。 藍を背景に桜色の水玉模様が散りばめられているのが特徴で、いつでも好きな時に夜桜気分を楽しめるのが魅力です。 夜桜を表現する桜花紋は難易度が高く、美しく仕上げるのが難しいとされていますが、それを見事に達成しているのがこの【有田焼】広口コーヒーカップ 桜花紋です。 直径15cmのソーサーには、あえてカップをはめるくぼみが設けられていませんから、スイーツなどを盛り付けるお皿として使えます。 来客用にも活用できますし、電子レンジや食洗機にも耐えられるので、長く多用途に愛用し続けることが可能です。 更に保温性も保冷性も抜群ですから、年間を通して温かい飲み物も冷たい飲み物も味わえます。 口縁は口当たりの良い絶妙なカーブで、手に馴染みやすい絹のような質感を併せ持ちますから、視覚だけでなく触覚も使って楽しみ尽くせるでしょう。

【有田焼】広口コーヒーカップ 桜花紋

喜寿祝いに人気のプレゼント プレゼントに大人気の新マグカップ 銀河 特別限定作品

喜寿祝いに最適なプレゼントに大人気の新マグカップ 銀河 特別限定作品は、数ある有田焼の中でも筆舌にしがたい美しい斑紋が魅力的です。 星空の煌きがモチーフのこの作品は、まるで黒曜石が散りばめられているかのような美しさです。 ずっと眺めていても飽きませんし、時を忘れてリラックスできますから、77歳を迎える人への贈り物に適しています。 両手に持てば小さな宇宙を包み込んでいる感じですし、テーブルに置けばそこが銀河に早変わりします。 神秘的な斑紋の銀河は、既に安定した人気を誇るベストセラーになっているので、これから選ぶ贈り物にも安心です。 超高温で焼成する有田焼ですから、硬質かつ吸水性のない仕上がりで、傷がつきにくく汚れは簡単に落とせるなど実用的です。 陶器と違って独特なニオイはなく、飲み物そのものの香りや味わいを楽しむことができます。 価格以上の魅力を秘める最高品質のプレゼントで、ペアで贈ることもできますから、プレゼントする人も選ぶ際に思わずワクワクしてしまうでしょう。

大人気の新マグカップ 銀河 特別限定作品

喜寿祝いに人気のプレゼント 【有田焼】広口コーヒーカップ 彩雲本金彩

喜寿祝いの人気プレゼント【有田焼】広口コーヒーカップ 彩雲本金彩は、吉兆を予感させる彩雲が見事に表現されています。 細部まで拘った彩雲は繊細で、絶妙なグラデーションが作品に深みを与えます。 口縁は本金彩で仕上げられていますから、高級感や優美で豪華な印象も楽しめるようになっています。 シルエットはこれぞコーヒーカップといった感じで、無駄を削ぎ落としたシンプルな形状が魅力です。 見た目にインパクトのある作品ではありますが、実際に手に持って使って見ると、驚くほど手に馴染み実用的に使えます。 内側にもソーサーにも彩雲が描かれていますから、様々な角度から眺めて楽しむのもありでしょう。 このような楽しみ方ができるのは、喜寿祝いを迎えプレゼントが贈られて所有する本人の特権です。 他では手に入らない個性的なデザインで、何度見ても飽きない作品としての完成度を誇りますから、喜寿祝いのプレゼントに人気なのも頷けます。 コーヒー好きにも、食器を趣味とする人にも喜んでもらえるので、幅広く贈り物に選びやすい作品だといえるでしょう。

【有田焼】広口コーヒーカップ 彩雲本金彩

有田焼の名窯・一流作家の作品のみを厳選。国内最大級の伝統工芸品ギフト専門店です。
タイトルとURLをコピーしました