JTOPIA

有田焼の有名窯元

有田焼の「陶悦窯」のあんなことやこんなこと

有田焼窯元の陶悦窯は、佐賀県西松浦郡有田町にあり、現在の当主が14代目という長い歴史を誇る窯元です。東急ハンズやロフトで販売している価格帯の安い、手ごろな商品を主に作成しており、見たことがある人も多いはず。そんな陶悦窯の来歴と商品をご紹介します。
有田焼の有名窯元

其泉窯の読み方とは?知っているようで知らない、有田焼の老舗「賞美堂」ってどんなところ?

賞美堂が其泉ブランドにたどり着くまでの変遷を、有田焼の歩んできた道とともに振り返ってみましょう。其泉(きせん)は、日本の磁器発祥の地―有田に本店を構える賞美堂がプロデュースした、オリジナルブランドです。
有田焼の有名窯元

有田焼の老舗「渓山窯」は、お酒にも蕎麦にも合う有田焼食器のスペシャリスト

有田焼窯元の渓山窯が静かな人気を呼んでいます。60年を超える歴史の工房で、酒器を中心とした有田焼の魅力溢れる製品を製造しています。渓山窯とはどのような工房なのでしょうか。
有田焼の有名窯元

有田の福泉窯ってどんな窯元?陶器市情報や通販まで

有田焼窯元である福泉窯についての記事です。この記事を読めば有田焼から福泉窯の歴史・特徴までがご理解いただけます!
有田焼のあんなことやこんなこと

超意外!有田焼で出来たカップヌードルのフタが本物そっくりと評判に

有田焼で出来たカップヌードルウェイトについての記事です。大ヒット商品の裏側に迫ります。
有田焼の有名窯元

有田焼「李荘窯」の目指すものは、心を動かすモノ作り

有田焼李荘窯は、1930(昭和5)年に佐賀県有田町で創業された90年近い歴史を誇る名窯です。有田焼の陶祖とも深い関係があるというのですが、どのような窯元なのでしょうか。
有田焼の有名窯元

有田焼百田陶園の「1616/aritajapan」は、磁器本来の白とシンプルモダンが魅力

有田焼百田陶園は、白を基調としたモダンな有田焼のブランド「1616/arita japan」(有田焼1616)を運営しています。有田焼とは思えないユニークなブランド名ですが、どのような商品を販売しているのでしょうか。
有田焼の有名窯元

有田焼のブランド窯元:有田焼専門店による特別記事

1616年に日本で最初の磁器として開窯し、400年以上日本の歴史に寄り添ってきた有田焼。江戸時代から国内外に流通し、日本を代表する焼き物として評価されてきました。 有田焼の老舗たるブランド、時代にあわせモダンな商品ラインを展開する窯元など、有田焼の窯元についてスポットライトを当ててみました。
有田焼のあんなことやこんなこと

天皇陛下献上!?高級有田焼通販の最大手「JTOPIA」の評判と魅力!!

国内の「有田焼通販サイト」で大手の「JTOPIA(ジェイトピア)」!今回はその「JTOPIA」が「どのような商品をどのようなお客様に提供されているのか?」や「JTOPIAでしか買えない目玉商品ってどんなもの?」等についての口コミや評判を通じて、簡単にご紹介しちゃいます!!
有田焼のあんなことやこんなこと

その「皿の価値」分かります?絵柄と品質で見極める有田焼皿の秘密!

日本を代表する伝統工芸品「有田焼」!!陶磁器市場で売っている「有田焼」は安い物・高い物と価格や品質も様々です!今回は様々な有田焼の中から、少しでもその品質を見極められるようになるための「有田焼の特徴:有田焼三様式」とその「特徴的な絵付けがほどこされたおすすめの有田焼皿」をご紹介します!! 有田焼皿の特徴は絵付けの模様「有田焼三様式」! 国内で最も有名な焼き物ブランド「有田焼」ですが、今回はその中でも「有田焼皿」をご紹介するにあたって、3種類のタイプの有田焼(模様)様式である「柿右衛門」「鍋島」「古伊万里」の三様式についてご紹介していきます!! 「お店(ネットSHOP)でお買い物をされる時」や「お店で有田焼の皿をお見かけした時」などで「有田焼皿の模様(様式)の特徴」を判断するのに役立つ情報になると思うのでぜひご覧ください!! 有田焼皿の特徴Ⅰ ◆柿右衛門様式◆ 濁手とよばれる透明感と暖かみのある乳白色のバックに余白を十分に残し、極めて繊細な黒い線と色鮮やかな赤・緑・黄・青で大和絵的な花鳥風月を左右非対称的で描写的に描いた様式のことです。 後期には、この4色に紫や金も加わるようになります。器の口縁に「口銹」と呼ばれる銹釉が施されている作品も多く見られます。 図柄には「岩梅に鳥」「もみじに鹿」「竹に虎」「粟に鶉」などの典型的なパターンも特徴的です。 柿右衛門様式の色絵磁器は輸出用色絵磁器として飛躍的に発展し、数多くの作品がヨーロッパに渡り、ドイツのマイセン窯などでは、この模倣品もたくさん作られていました。 有田焼皿の特徴Ⅱ ◆鍋島藩窯様式◆ 青みがかった地肌やくし高台、裏文様に特徴があります。 その技法は、染付と赤・青・緑の三色を基調とした「色鍋島」、藍色で精緻に描かれた「藍鍋島」、自然の青翠色の「鍋島青磁」があります。 なかでも上絵を伴った「色鍋島」は佐賀藩主が使う食器や、諸大名・幕府への献上品として完成度の高い格調ある製品に仕上がりました。 有田焼皿の特徴Ⅲ ◆古伊万里様式◆ 肥前有田で江戸時代に生産された、濃い染付と金襴手と呼ばれる赤や金の絵の具を贅沢に使った様式のことです。当時、これらの磁器は有田に隣接する伊万里の港から船積みされたことよりこの名が付けられています。 染付とは、素地の上に呉須と呼ばれる青色顔料で文様を描き、その上に透明の釉薬を施して焼き上げた、白地に青一色の絵付けのことです。 金襴手とは、色絵の磁器の上に金泥や金粉をあしらった金彩を施し、絢爛豪華に模様を描いたもののことです。 「新築祝いのギフト」から「魚を食べるお皿」まで!!ネットSHOPで紹介されている「有田焼皿」 「有田焼三様式」という様々なデザインからなる有田焼ですが、現代の有田焼皿も「歴史的な傑作」に勝るとも劣らない「三様式の伝統を堅実に受け継いだ芸術品」が多くのネットSHOPで見つけることができます!! ここでは、数あるネットSHOPの有田焼皿の中で「結婚祝いや新築祝い等の飾り皿ギフト」から「日常生活で使える耐久性が高く安い有田焼皿」まで簡単にご紹介しちゃいます!! 銘々皿揃 色絵桜図 4寸小皿の銘々皿の5枚セットです。 一枚一枚、絵柄が違うという心遣いが嬉しい逸品です。シンプルな真円の艶やかな白磁に、可憐な桜が咲き、花びらが舞っています。薄桃や紅、葉の緑や枝の藍などが、透明感のある煌びやかな、それでいて優しい色調となって描かれています。 桜は日本人にとって特別の花です。桜に格別の美しさを感じ、愛でてきました。桜の花言葉は「心の美」です。古来より、花といえば桜のことを意味する程に、愛されてきました。 和の心が詰まった銘々皿揃は、大切な方への贈り物としておすすめです。また、海外の方へのおみやげや贈り物としても喜ばれます。 両親へのプレゼントで購入したのですが、梱包、ラッピングも丁寧で、贈り物にふさわしい高級感もただよっていました。また、商品注文後に急ぎでの対応をお願いしたところ、快く引き受けてください、とても気持ちのいい買い物ができました。また機会があれば是非利用させて頂きます。 大皿 "青き明星" 迅速丁寧な対応をしていただきました。 割れ物でしたが、梱包も丁寧にされていました。 金婚式での贈物にさせていただきましたが きれいな湯呑とよろこんでもらえました。 また、利用させていただく時はよろしくお願いいたします。 幅広のリム付きの大皿です。 28cmの大きさがあり、メインディシュの肉料理や魚料理が粋に映えます。炒め物や、お一人分のパスタやチャーハンなど、多彩な用途でお使いいただけます。 吸い込まれそうな程の星空の煌き、散りばめられた黒曜石のような斑紋、それらが映し出された悠久の美は、時を忘れて酔いしれてしまいそうです。ところどころ、流れるような白い窯変が、流れ星のような、彗星のような風情を醸します。 古伊万里特集 染錦波兎 魚型焼物皿揃 林九郎窯は有田からヨーロッパへ渡り、世界を変え、時代に君臨した優美で華麗な姿の古伊万里のスタイルを受け継いでいます。 林九郎の商品は、江戸時代末期の古伊万里を再現した商品になります。 光の関係上、色合い・質感など、写真と若干異なる場合がございます。 大皿(特大) 染錦金彩琳派図 日本固有の様式美を貫いた究極の意匠、琳派。 古伊万里には、有田の陶工たちによってさまざまな日本固有の様式美が取り入れられてきました。 そのひとつが尾形光琳によって完成された琳派芸術です。 琳派芸術は身近な題材を奇抜な構図や大胆な色使いで描写したもの。 これまでの絵画様式を超越し、独自の造形美を築いた総合芸術の最高峰です。 其泉窯 Kisen-Kiln JTOPIAは高級有田焼・伊万里焼において最大の専門店です。安心してお買い求めくださいませ。 中皿 取り皿 セット 有田焼 巻物四君子 銘々皿揃 丁寧な梱包でした。箱に食器が入っていることを大きく表示してあって大事に送ってくだったことを感じました。ありがとうございました。 かなり注文してから時間がかかりましたが、配送、商品とも満足です。連絡も必要なだけ、キチンとありますし。 もう少しサイズ等、商品記載情報が具体的ならば良いかなとは思いましたが。個人的には、わからないところも含めて、とても面白かったので。結果オーライで満足です。 有田焼には酒井田柿右衛門が創始した伝統的な技術である「手書き」と、大量生産とコスト削減を目的とした「転写」の技術が存在する。 手描き作品は相対的に手間がかかり、作家の技量や個性が反映されるため美術品や陶芸作品として販売される場合が多い、転写作品は品そのものに対する価値は低いものの価格が安い場合がある。また、一部を手書きで行い、他の部分を転写とする方法も行われている。すべての行程を手書きで行った作品は総手書きと呼び、プリント印刷である転写と比較し完成まで時間が非常にかかる。