欧州の焼き物

欧州の焼き物

デンマークの名窯 ロイヤルコペンハーゲンってどんなメーカー?

ロイヤルコペンハーゲンはデンマークに所在する、世界的に有名な歴史と由緒ある陶磁器メーカーです。元々はフレデリック5世の王妃であったジュリアン・マリー皇太后の命によって、1775年にデンマーク王立磁器工場として設立されました。
欧州の焼き物

英国王室御用達 イギリスの名窯ウェッジウッドってどんなメーカー?

イギリスで歴史的に有名な食器のメーカーに、日本でも愛用されている人の多いウェッジウッドがあります。このウェッジウッドというメーカーは1759年にイギリスに設立されたメーカーで、主に高級食器の製造と販売をしていますが、この創設者のジョサイアは当時は王侯貴族のものしか手にすることの出来なかった磁器を、一般の市民階級にも量産して販売するということに着目した時代のパイオニア的存在です。
欧州の焼き物

ドイツの名窯マイセンの歴史や特徴について

欧米の名窯マイセンは、ドイツを代表する磁器メーカーです。中国では白磁石や青磁石が6世紀ごろからつくられ始めたといわれていますが、西洋では長らく時期の製造ができずにいました。そのため中国や日本から有田焼(伊万里焼)から磁器が輸入されると、これらは金銀の宝石に匹敵するほどの価値があるとして、皇室や貴族の間では非常に重要視されていました。
欧州の焼き物

英国の名窯エインズレイってどんなメーカー?

エインズレイはイギリスを代表する陶磁器メーカーの1つです。花柄の透かし模様や金彩を施す豪華なデザインを特徴とした、ティーカップやティーポットあるいはプレートや陶花など、数々の高品質な陶磁器を提供しています。特にこのメーカーは英国王室とのつながりが深く、ヴィクトリア女王やエリザベス二世女王などロイヤルファミリーを中心に、数多くの貴族から親しまれてきました。
欧州の焼き物

欧州の名窯ヘレンドってどんなメーカー?

欧州の名窯の一つにヘレンドと呼ばれるものがあります。その歴史は1826年にナポレオン戦争が終結をむかえて、世の中に平和が戻ったころにさかのぼります。ヘレンドは村の名前であり、ハンガリーの首都であるブダペストから120キロほど離れた場所にあります。この村に小さな窯が開かれたのが始まりです。
欧州の焼き物

ドイツの名窯 フッチェンロイターの歴史と特徴

ドイツの名窯、フッチェンロイターを知っていますか。ドイツの有名な陶磁器のメーカーですが、今からこのメーカーの歴史と特徴について説明します。 フッチェンロイターは1814年にカルル・フッチェンロイターさんによって創業されたドイツの陶磁器メーカです。
欧州の焼き物

ドイツの名窯 ビレロイ&ボッホの歴史と特徴

ビレロイ&ボッホは1748年創業と、実に2世紀半を超える長い歴史を持つ、ドイツの陶磁器メーカーです。今でこそドイツに本拠をすえていますが、当初はフランスのロレーヌ地方での創業となります。フランソワ・ボッホがオーストリア継承戦争が終わる年に、陶器製造の会社をたち上げたのが前身です。
欧州の焼き物

フランスの名窯 ベルナルドの歴史と特徴

ベルナルド、という食器をごぞんじでしょうか?美食の国フランスで生まれたブランド洋食器で、現在も世界中の高級ホテルや三ツ星レストランで使用されています。ここでは、一流シェフが愛用するこの洋食器の歴史や特徴を紹介していきます。
欧州の焼き物

ドイツの名窯 ローゼンタールの歴史と特徴

ローゼンタールは、ドイツで誕生したヨーロッパを代表する磁器メーカーです。その歴史は1879年にフィリップ・ローゼンタールが、ドイツ南部にあるバイエルンに工房を開いたことから始まります。他のメーカーから仕入れた真っ白な磁器に、絵付けを施して販売したのです。
欧州の焼き物

フランスの名窯 セーブルの歴史と特徴

フランスの名窯であるセーブルは、女性的な華やかさや気高さが感じられ、パリの美意識がギュッと詰まっているフランスを代表する陶磁器と言われています。18世紀のフランス宮廷はヨーロッパで最も洗練されており、絶大な影響力を持っていたロココの女王であるポンパドール夫人との出会いによって「セーブル焼」の運命は大きく変化しました。
タイトルとURLをコピーしました