有田焼

有田焼

高級有田焼専門店 JTOPIAで人気のマグカップ特選

高級有田焼専門店 JTOPIAで人気の特選マグカップを特集した記事です。名だたる名匠が作り上げた傑作をご堪能ください。
有田焼

絶対に喜ばれる結婚祝いのおすすめペアギフト特集

結婚祝いに人気作品の作品 金婚式 結婚祝いプレゼントの決定版 睦揃(夫婦茶碗セット)藍染水滴
有田焼

一生モノの器を贈る。特別な退職祝いのプレゼント特集

退職祝いとは、今までの感謝の思いと労いの意味を込めて、お世話になった上司や同僚に記念になるプレゼントを贈ることを言います。定年退職や寿退職など同じ退職でもいろいろありますが、何れも人生における大きな節目になるため、贈る人に喜ばれる品物を選ぶと共にマナーにも注意する必要があります。
有田焼

日本を代表するシェフと有田焼ワイングラスの饗宴 BISHOKURUのご紹介

コロナウイルスの影響で大きなダメージを受けた飲食店を救うために、自宅におりながらも有名シェフが創る本格的な料理を食べることができる新サービスが発表されました。それは今までにないお取り寄せサービス「ビショクル」です。今まではレストランに足を運ばないと食べることができなかった本格的な味を、自宅から出ずに楽しむことができます。コロナウイルスに感染するリスクを下げたまま、飲食業界を盛り上げることができる画期的なサービスです。
有田焼

太古から続く芸術 京象嵌・象嵌のすべて

象嵌とは、1つの素材の中に別の素材を埋め込むことを意味しています。主に、陶芸などで使われるケースが多いです。象嵌の歴史を見ていくと、日本では飛鳥時代にはすでに伝わったとされています。もともと現在のシリアのダマスカスと呼ばれる地域が発祥とされており、その後シルクロードをつたって日本に伝わった歴史があります。
有田焼

日本を代表する焼き物の産地 日本六古窯について

鎌倉時代など中世のころから焼き物文化がはじまり、日本各地でたくさんの窯ができ陶磁器を焼いてきました。しかし時代と共に滅びていった窯もたくさんあります。そこで小山富士夫氏が、その当時から現在にかけてずっと続いている窯を調べたところ、瀬戸と常滑、備前と丹波、信楽と越前の6か所の窯であることがわかり、これら六か所の窯を六古窯と名付けたのです。
有田焼

ドイツの名窯マイセンの歴史や特徴について

欧米の名窯マイセンは、ドイツを代表する磁器メーカーです。中国では白磁石や青磁石が6世紀ごろからつくられ始めたといわれていますが、西洋では長らく時期の製造ができずにいました。そのため中国や日本から有田焼(伊万里焼)から磁器が輸入されると、これらは金銀の宝石に匹敵するほどの価値があるとして、皇室や貴族の間では非常に重要視されていました。
有田焼

日本の陶磁器の歴史について

日本では12000年前から、土器が作られていたとされています。次いで古いのが縄文式のもので、これは一般的な用具として約8000年前から作られていて世界で最も古い土器の一つとなってきます。 縄文式のものは、粘土の輪を積み上げて表面から縄などを使ってつなぎ目を圧着することで器にしています。
有田焼

日本のブルーオニオン ブルーダニューブの歴史と特徴

ブルーダニューブとは日本の陶磁器のブランド名で、約50年の歴史があります。ブルーオニオンという世界的に有名な白磁を受け継いだもので、日本のブルーオニオンともいわれています。 ブルーオニオンは、1739年にドイツのマイセン地方で作られる「マイセン」というブランドの陶磁器を手掛けるJ.D.クレッチマーが発明した青色の着色剤を下絵付けに用い、ザクロ模様が描かれたことから生まれたものです。
有田焼

コーヒーカップとティーカップの違いについて

コーヒーカップとティーカップの違いは、前者はカップに厚みがあり飲み口が狭くなっていて、円筒に近い形状で高さがあるといった特徴を持っています。カップに厚みがあるのはコーヒーの抽出時間がかかることが関係しているので、時間がかかると共に入れたコーヒーの温度が低くなりやすいことから冷めにくくするためです。
タイトルとURLをコピーしました