有田焼

有田焼

お酒が美味しくなる高級酒器!お酒好きへのプレゼント特集

一日が終わった時にたしなむ、仕事終わりの一杯、日ごろのねぎらいを込めた休日の一献。日々の晩酌になじむ特別オシャレな器をプレゼントに。いつものお酒がより楽しく、美味しく飲めるようになるとっておきの酒器を紹介いたします。
有田焼

普段のご飯が格別に。ペアギフトに人気の夫婦茶碗!

夫婦の贈り物に喜ばれる夫婦茶碗は結婚式や結婚記念日の贈り物に人気です。大切な方と一緒に使う器がおしゃれだと、毎日のご飯、食卓がよりおいしくなり、明日。こちらのブログ記事ではおすすめのブランド茶碗について紹介いたします。
有田焼

超意外!有田焼で出来たカップヌードルのフタが本物そっくりと評判に

有田焼とカップヌードル。意外な組み合わせがいまネットで評判を呼んでいます。有田焼で出来たカップヌードルのフタが本物そっくりだというのです。いったい、どのような商品なのでしょうか。
有田焼

佐賀県有田町の名所泉山磁石場のご紹介

泉山磁石場は日本磁器発祥の地であり、ここから陶磁器で有名な有田はここから始まったと言われています。時代は7世紀初頭に遡り、李参平という朝鮮人の陶工らによって泉山で陶石が発見されたことがこの場で採掘を始める切っ掛けとなりました。
有田焼

佐賀県有田町の名物 皿山踊りのご紹介

その名の通り踊りの一種ですが他とは異なる点が多いです。単純に住民が集まって踊るのではなく、有田町で当番の区域を設けて競い合うというスタイルです。住人たちはプライドを持っており、独特の様相で見事に踊るので一見の価値があります。
有田焼

佐賀県有田町の名所 歴史と文化の森公園にある花炎のご紹介

陶器の町として有名な佐賀県有田町の名所「歴史と文化の森公園」をご存知でしょうか。1996年7月から10月まで開催された「ジャパンエキスポ佐賀'96 世界・焱の博覧会」に併せ有田町の歴史・文化のシンボルとして整備され、平成9年4月オープン以来近隣の住民から愛されています。
有田焼

陶芸を代表する技法 油滴天目についての紹介

油滴天目とは12世紀から13世紀の南栄時代に中国の南部に位置していた窯で手がけられた技法が創始となっており、制作段階の高温状態になっている窯内にて時折化学変化を起こすのが特徴的です。戦国時代には日本の戦国武将、茶人たちにこよなく愛された技法です。
有田焼

佐賀県有田町の名所 樹齢1千年の公孫樹についてのご紹介

有田焼で有名な佐賀県有田町は、日本の磁器発祥の地として有名です。佐賀県有田町の街並みを縦断するように走る県道281号線から少しはいったところには、弁財天を祀る有田・泉山弁財天神社があります。有田・泉山弁財天神社境内の広場には国内でも有数の巨木が立っているのをご存じでしょうか。
有田焼

佐賀県有田町のグルメについてのご紹介

どんなに仕事で疲れている状態であっても、美味しい料理やドリンクを頂けば直ぐに幸せな気持ちになってストレスが解消されることがあります。人は食をなくして生きていくことができないため、日々の健康を大切に守っていく意味でも質の高い食事を心掛けていくことが重要でしょう。
有田焼

有田町の名所 有田ポーセリンパークの紹介

佐賀県有田町の酒造・有田焼の「有田ポーセリンパーク」は、有田焼のギャラリーである宮殿と庭園、そしてお酒が楽しめる観光名所として有名です。1993年に有田焼の老舗メーカー・香蘭社や地元の企業などが、有田の魅力を国内外に伝えるために、名窯の姉妹都市・マイセン市があるドイツの伝統的な村を再現しました。
タイトルとURLをコピーしました