油滴天目

有田焼のあんなことやこんなこと

陶芸を代表する技法 油滴天目についての紹介

油滴天目とは12世紀から13世紀の南栄時代に中国の南部に位置していた窯で手がけられた技法が創始となっており、制作段階の高温状態になっている窯内にて時折化学変化を起こすのが特徴的です。戦国時代には日本の戦国武将、茶人たちにこよなく愛された技法です。
タイトルとURLをコピーしました