湯呑

有田焼のあんなことやこんなこと

知ってるようで知らない湯呑の全て 歴史や種類、煎茶碗との違い

湯呑のルーツは中国で生まれ日本に伝わった茶器で、奈良時代から平安時代にお茶と一緒に日本に伝わり、そこから発展していった歴史があります。 その為、元々茶碗はお茶を飲む碗を指すもので、江戸時代に煎茶が流行すると、煎茶茶碗と白湯や番茶用の茶碗が使われるようになりました。 種類としては大きく分けて湯呑茶碗と汲み出し茶碗に分けられます。
タイトルとURLをコピーしました