臥牛窯

有田焼の有名窯元

「幻の陶器」現川焼を蘇らせた窯元、臥牛窯とは?

寄り添いながら飛翔する二羽の鶴。刷毛目の表現によって、まるで風を切り進んでいるようにもみえます。この優雅な意匠は江戸時代に一度姿を消し、その技が再現されるまで数多の挑戦がなされてきました。今回はこの「幻の焼き物」の技を復活させた、「臥牛窯(がぎゅうがま)」に着目していきます。
タイトルとURLをコピーしました