【これからの想い出作りに】1周年から60周年までの結婚記念日の一覧

結婚記念日

周年の数え方

「あれ?今年って結婚何周年だっけ??」 結婚記念日近くになると、指折り数えてしまったこと、ありませんか?意外と、結婚記念日が今回で何周年なのか混乱してしまう人は多いようです。結婚記念日の数え方は、年齢と同じです。結婚したその年を0年目とします。

つまり、結婚した年の1年後に結婚1周年記念日を迎えます。例えば、2015年に結婚した場合は2016年に結婚1周年、2017年に結婚2周年、2025年に結婚10周年です。

結婚記念日の由来

結婚記念日を祝う習慣はイギリスが発祥とされています。元々、「夫婦」としての絆より「家」の絆を重視した日本では、結婚記念日を祝うという習慣はありませんでした。 現代では結婚記念日をお祝いの大事なイベントと考えられる方が多くなっておりますので「今年で結婚してから何年目なのか?」ご自身にとってもご友人にとっても「お祝いをするタイミング」として重要です。 

結婚記念日の名称

結婚記念日の中でも、結婚から25年目の「銀婚式」、結婚から50年目の「金婚式」は有名です。しかしこの2つ以外にも呼び名が定められている結婚記念日はたくさんあります。結婚記念日発祥の地であるイギリスでは、15年目までは1年単位、それ以降は5年単位で祝う風習があり、それぞれに呼び名が付いています。

結婚1周年目 紙婚式

結婚1周年目は紙婚式です。 これには将来の生活設計を紙に書きだすと言う意味が込められているのです。

結婚2周年目 綿婚式

2周年目は綿婚式と呼ばれ、質素倹約、贅沢を戒めると言う意味があります。

結婚3周年目 革婚式

3周年目は革婚式といい、倦怠期、皮のように粘り強くといった意味がこめられているのです。

結婚4周年目 花婚式

4周年目は花婚式といい、花が咲き、実がなるようにという意味があります。

結婚5周年目 木婚式

5周年目は木婚式といい、一本の木のように夫婦らしくなったという意味があります。

結婚6周年目 鉄婚式

6周年目は鉄婚式といい、鉄のように強い人生をという意味が込められています。

結婚7周年目 銅婚式

7周年目は銅婚式と呼ばれており、家族や財産の安定を銅に例えています。

結婚8周年目 ゴム婚式

8周年目はゴム婚式と呼ばれており、弾力性のある2人の人生をという意味が込められているのです。

結婚9周年目 陶器婚式

結婚して9年目の結婚記念日は陶器婚式(とうきこんしき)と呼ばれ、「陶器を大事に扱ってヒビが入らなかった」という意味が込められています。 お祝いのプレゼントには壺、飾り皿、コーヒーカップなどの陶器類を贈るのが一般的です。

結婚10周年目 アルミ婚式

10周年目はアルミ婚式です。アルミとはすずのことであり、すずのように美しさを柔軟性を兼ね備えてという意味が込められています。

結婚11周年目 鋼鉄婚式

11周年目は鋼鉄婚式です。鋼のように強い愛と力で結ばれてと言う意味を持っています。

結婚12周年目 絹婚式

12周年目は絹婚式です。絹のようにきめ細やかで繊細な愛情を意味します。

結婚13周年目 レース婚式

13周年目はレース婚式です。レースの様に深く綾なす愛を意味します。

結婚14周年目 象牙婚式

14周年目は象牙婚式です。象牙の如く、年齢を重ねてより輝く愛情を意味しています。

結婚15周年目 水晶婚式

15周年目は水晶婚式です。曇りのないほど透き通った水晶のような愛を意味しています。

結婚20周年目 磁婚式

結婚20周年目は磁器婚式です。磁器は陶器より硬く、「年代と共に値打ちが増す夫婦」という意味が込められています。結婚20周年を迎えたお祝いですから、家族を集めて御祝いをしたり、プレゼントを贈ったりするのが一般的になります。 せっかくプレゼントを贈るのですから、その記念日の名称にちなんだプレゼントを贈るのが一般的です。たとえば夫婦二人でお揃いの茶碗や、マグカップ、お皿など。陶磁器はほぼ食卓で毎日使用する製品ですから、何を贈っても喜ばれます。

結婚25周年目 銀婚式

結婚30周年目 真珠婚式

真珠婚式は結婚30周年をお祝いする記念日になります。 結婚してから30周年というとかなり長く年月が経過していますので、結婚30年もたつと会話も少なくなってきているかもしれません。 だからこそこの機会に感謝の気持ちを伝えるイベントです。普段の結婚記念日よりも少し豪勢にお祝いしましょう。

結婚40周年目

結婚45周年目 サファイヤ婚式

結婚50周年目 金婚式

結婚55周年目 エメラルド婚式

55周年の結婚記念日を「エメラルド婚式」と呼びます。エメラルド婚式は金婚式の5年後、つまり半世紀を超える長い時間をともに歩んできたお祝いの日です。透明感あふれるやさしい緑色の「エメラルド」にちなんで、円熟した二人の愛情と感謝を伝え合って過ごしましょう。

結婚60周年目 ダイヤモンド婚式

結婚60周年を祝う結婚記念日であり、ダイヤモンド婚式以降は結婚記念日に名称がつけられていません。長寿と一族の繁栄を意味する意義深い結婚記念日という意味が込められています。

有田焼の名窯・一流作家の作品のみを厳選。国内最大級の伝統工芸品ギフト専門店です。
タイトルとURLをコピーしました