【有田焼万年筆】古伊万里風楼閣桜図 - JTOPIA

【有田焼万年筆】古伊万里風楼閣桜図

伝統美が薫る古伊万里の技法が、小さな世界の中で、あますところなく発揮されています。
匂い立つような満開の桜が、紅の濃淡、金、藍などで、華麗に彩られています。
桜は、日本ではとくに愛されてきた花です。現在も、開花状況が報道されるなど、他の植物とは一線を画す特別な花といえるでしょう。掌の中に、満開の春はいかがでしょうか。新しく生まれ変わる春、新しい門出へのお祝いに、新しく何かを創める方への贈り物に、願いを込めた有田焼万年筆をおすすめいたします。

有田焼万年筆は400年の伝統を継承する有田焼の名窯「香蘭社」、「源右衛門窯」と日本を代表する万年筆メーカーである「セーラー」が共同開発した作品です。
なめらかな地肌と繊細に施された絵付に、匠の皮膚感覚でのみ創造する事ができるのペン先技術も融合し、今に甘んじることなく、より高度な技をという匠たちの探究心が響きあい、新たな品格を持つ世界を創造しました。
透明感のある磁肌は重厚感・高級感を持ち、かつ掌で感じるその不思議な温かみは、まさに有田焼の真骨頂。滑らかな書き味はもちろん、細部にまでこだわり抜いた作りは、筆記具としてだけでなく、芸術品に値します。
2008年の洞爺湖サミットで、日本政府からG8首相に送られ話題となり、伝統工芸の枠を超え誕生した「有田焼万年筆 The ARITA」は、綴るその一文字一文字が深い歴史を語りだし、まさに匠たちの奇跡を形にしたといえるでしょう。
強さと弾力性を有するセーラー独自開発の21金特殊合金を使用したペン先は、練達の職人が一枚一枚丹念に作り上げております。ペンポイントにはイリジウム合金を使用し、日本文字の"止め"、"はね"、"はらい"に対応できる仕上がりとしています。
また、ペン芯との絶妙のマッチングにより万年筆そのものの重さだけでの運筆でインキが出るように調整されていますので、力を入れること無く、疲れず滑らかな書き味を堪能して頂けます。キャップリング・筆休めは決して容易ではない異素材の融合を可能にした卓越した技術力です。
キャップリングは24金メッキを施した気品ある仕上がりとなっております。
また、心地よい書き味を満喫した後のひとときの休息に香蘭社の仕上げによる「筆休め」や千二百年の歴史を持つ「本場加賀白山紬」を生地として仕上げた「筆包み」も付属いたします。
わが国最高峰の技と情熱の結晶、「有田焼万年筆The ARITA」。筆跡に宿ったものづくりの美しさをお楽しみ下さい。

○有田焼万華鏡と有田焼万華鏡の主な受賞とトピックス

2007年「優秀製品賞」(財)中小企業異業種交流財団
2007年「地域産業資源活用プログラム」経済産業省・第1号認定
2008年 洞爺湖サミットで有田焼万年筆 古伊万里蘭菊 が日本政府よりG8各国首脳に贈呈
2009年 発案者である石川慶蔵氏がテレビ東京「世界を変える100人の日本人」に出演
2009年 第三回「ものづくり日本大賞 優秀賞」経済産業省
2010年「APEC JAPAN」で高い評価を得た「有田焼万華鏡」
2012年「夢の扉+に出演、過去最高の視聴率を収める。更にアジア各国で英語放送」
作家紹介

源右衛門
GENEMON

柿右衛門、今右衛門と並び、焼き物で歴史ある三右衛門の一角として、『源右衛門』は知られております。
作品はすべて手作り。職人が上絵、ろくろ、釉薬などの専門分野にわかれ、『有田焼』の伝統技法を使って完成度の高い作品を提供しております。
21世紀を迎えた現在、源右衛門窯では、本物の『古伊万里』を創った江戸陶工の精神の高みと手技、そして六代・源右衛門の遺志をしっかりと受け継ぎ、気軽に使える時代と暮らしを直視した磁器の機能美を追求。
日常和食器から高級美術品まで幅広い分野の新作を開発するとともに、ハンガリーの名窯ヘレンドとのコラボレーションや、『有田焼万華鏡』、『有田焼万年筆』など新分野にも果敢にチャレンジし、時空を超えた『古伊万里』の美の創出をめざしております。

喜び感謝の声多数!大好評のギフトサービス

※税込10,000円以上
のお買い上げの場合。
沖縄・北海道・離島を除く。

• 送り主様をJTOPIA
  でなくご注文者様の
  お名前に変更致します。
• 明細・納品書など金
  額のわかるものは同
  封いたしません。

ギフト商品をご希望の
場所と日時でお届けい
たします。

•有田焼の染付技法を
思わせる、上品なロイ
ヤルブルーの包装紙に
てラッピングを行います。

•お熨斗紙やメッセージ
カードへの文言なども
『注文時のコメント欄』
にご要望をいただけれ
ば用途に合わせ代筆
させていただきます。

窯元による桐箱への箱
書きを承っております。

EMSでの海外発送を
承っております。

記念品や贈り物に人気のサービスです。
(文言は、「注文時のコメント欄」にご記入いただけます。)

有田焼の歴史と特徴

約400年前、佐賀県有田にて日本磁器の起源』である有田焼(伊万里焼)の生産が開始されました。

17世紀からは世界の王侯貴族へ輸出され、ドイツのマイセンにも影響を与えました。それらは伊万里港を通じて出荷された為、明治以前の有田焼については古伊万里と呼ばれています。

現代でも日用食器から高級美術品に至るまで、日本最大の陶磁器生産地として日々新たな焼き物が生み出され続けています。

JTOPIAは数万点を超える有田焼の中から選び抜いた逸品のみを掲載しております。

有田焼の画像伊万里焼の画像

在庫状況: 在庫あり

¥250,000
(税抜)
2500

ポイント

サイズ

縦15.3cm 直径:1.9cm 重量:58g

商品内容

有田焼万年筆 本体
ボトルインク(ブラックインク)1個
筆休め1個
筆包み1房
小冊子(説明書)1冊


商品のご購入はこちら

【有田焼万年筆】古伊万里風楼閣桜図

在庫状況: 在庫あり

¥250,000
(税抜)
2500

ポイント

サイズ

縦15.3cm 直径:1.9cm 重量:58g

商品内容

有田焼万年筆 本体
ボトルインク(ブラックインク)1個
筆休め1個
筆包み1房
小冊子(説明書)1冊

>>>>>>>
お問い合わせフォーム

当店イチオシの商品

  • おすすめ 2014年 人気ランキング第1位
  • テレビ放映中 最高の焼酎を味う為の匠の極上カップ
  • おすすめ 天皇皇后両陛下献上記念品
  • 献上手 古伊万里焼 福右衛門作
  • 朝日新聞掲載 白磁牡丹彫
  • 日展最高賞受賞 真右エ門窯 男のマグカップ