有田焼JTOPIAのトップページ  /  湯呑み・夫婦湯呑  /  湯呑み  / 

【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"

【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真1 【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真1
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真2
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真3
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真4
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真5
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真6
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真7
 
 

11,000円 税込

送料無料

数量

【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"

透き通るように清明な水色の、砧青磁です。日本人にとって、淡い青は最上のものとされてきました。青磁の中でも砧青磁は最上品とされ、尊ばれました。水色は、落ち着きと安心感を与え、心地よい睡眠へと促す効果があります。お茶の色も、より味わい深く感じることでしょう。
当店では真右エ門窯随一の特約店として青磁の極上品を厳選して提供しております。


空乃光:青い空を目指した制作された湯呑。
別名『天青磁』
古代の名工たちが『雨過天青』雨が上がった後の清々しい澄みきった空の色を目指して、追究した究極の青青磁。
真右エ門の青磁はわずかな妥協も許さず、本青磁の最高級の釉薬材料を使用、その気品に満ちあふれた凛とした青磁の色彩には定評があります。
口淵の金巻きは太陽に照らされた美しい空の光を意味し、日常に疲れた私たちの心を浄化してくれるかのようです。
手の中にちょうど収まりのいい形をしており、また、飲み口はわずかに外側にカーブしておりますので、口当たり良く味わえます。
お湯呑として以外にもコップとして様々な飲み物をお嗜みいただける名作です。
大小の湯呑でペアにしてご夫婦へのプレゼント、引き出物、各種贈り物にも人気の湯呑みでございます。

真右エ門(真右エ門窯)
日本陶芸界の巨匠 神業の窯変師

真右エ門(真右エ門窯)

Sinemon

真右エ門(馬場九洲夫)は、窯変技法において日本を代表する作家です。 「窯変」とは焼成中に土や釉薬に含まれる成分が化学反応を起こし、独特の色彩や結晶、結晶を生む現象の事を言います。その天然自然の美は宇宙の神秘にも例えられます。 真右エ門は2012年度、日本最大の美術展であり、陶芸界で最も権威と名誉ある賞とされる、第四十四回日本美術展覧会(日展)工芸美術部門の特撰受賞の快挙を成し遂げました。 2000年の県展50周年特別賞をはじめ、12年の現代工芸美術九州会展覧会最高賞など数々の受賞歴がございます。

【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の商品紹介写真1

特別な青磁湯呑

青い空を目指した制作された作品。 別名『天青磁』 古代の名工たちが『雨過天青』雨が上がった後の清々しい澄みきった空の色を目指して、追究した究極の青青磁。 真右エ門の青磁はわずかな妥協も許さず、本青磁の最高級の釉薬材料を使用、その気品に満ちあふれた凛とした青磁の色彩には定評があります。 口淵の本金彩は太陽に照らされた美しい空の光を意味し、日常に疲れた私たちの心を浄化してくれるかのようです。
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の商品紹介写真2

おしゃれな形状の有田焼湯呑み

湯呑みをひとたび持てば、有田焼の造形美を存分に味わっていただけることでしょう。 軽量かつ硬質な九州の高級陶石で作陶された直径約7.7cmの湯呑みは軽量で持ち手にすっと馴染みます。 高台へとすぼまっていくなだらかな曲線美、そして、口縁部に向かってわずかに広がるそのシルエットは、 硬質に焼成されていながらも、柔らかなイメージを感じさせてくれます。
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の商品紹介写真3

青磁の中の極上品

爽やかな気持ちになれる水色の青磁は気品溢れる磁器としてかねてより重宝されてきました。 その中でも、発色の特に優れた青磁は「砧青磁」として尊ばれました。 当店JTOPIAでは真右エ門窯の青磁を、発色、形状共に最上のお品である 砧青磁(最上品)のみを選別し、お客様のもとへお届けいたします。
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の商品紹介写真4

砧の名前の由来

過去の日本では、布を板へとうち絹のような手触りと艶を出していたそうです。 その「衣をうつ板」を「砧(きぬた)」と表しました。 本湯呑みにも筆舌に尽くしがたい衣のような柔らかな青磁の美しい艶が生じております。 秋の夜長の静けさに響きわたる砧の音は、人々の心に沁みいる風情があり、 俳諧師 松尾芭蕉は以下のように詠んでおります。 「声澄みて北斗に響く砧哉」
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の商品紹介写真5

千利休を感じながら

茶人 千利休が寵愛した砧青磁の花器は釉薬の紋様によって生じる見事な罅(貫入)が生じていたそうです。 利休は布をうつ砧の音と、砧の花生けに表れた罅(貫入)の模様を重ねて、その花生けを貴んだと言われております。 歴史の偉人による大人のシャレに浸りながら湯呑みに込められた世界観をお愉しみくださいませ。
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の商品紹介写真6

優れた機能性

器の原料には九州天草産の最高級陶石を使用、絹のように滑らかな表面、日常使いに耐えうる強さを兼ねそろえた選りすぐりの陶石を惜しみなく用いております。1300度の超高温で焼成する有田焼高級磁器は、吸水性がなく汚れが付きにくいため、お手入れが簡単です。陶器のような土臭さもなく飲み物の香りを存分にお楽しみいただけます。保温性、保冷性も抜群。世代や年代を問わず様々なシーンでご使用いただけます。
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の商品紹介写真15
商品のサイズ
大きさ
高さ:8cm 口径:7.7cm
※手作りのため、一つ一つ微妙にサイズが異なります。
商品内容
湯呑み×1 桐箱 陶歴しおり

※手作り商品のためサイズなどに若干の誤差が生じる場合がございます。

ここでしか手に入らない最高品質の有田焼
JTOPIAがお届けする商品はすべてが特A品質の一級品です

JTOPIAでは日本が世界に誇る匠の伝統工芸品を厳選しております。全作品の中から特選品質(釉薬の美しさ、発色ともに見事な審美的価値ある一級品)を当店と窯元が共同で選別、ここでしか手に入らない逸品のみをお届けしております。

特A品質と有田焼

名匠たちのものづくりを世界へ

有田焼は四百年の歴史を持つ日本磁器の創始であり、日本で最も有名な焼き物です。古くは東インド会社を通じ、世界中の王候貴族から「東洋の白い金」と謳われるほど高値で取引された幻の陶磁器でした。マイセン等の開窯にも多大な影響を与えました。明治初頭には万博で最高賞を受賞するなど、世界より高評価を得た名陶です。かつて伊万里港から世界へ輸出された経緯があるため伊万里焼という異称で呼ばれることもございます。

【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真1 【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真1
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真2
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真3
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真4
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真5
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真6
【有田焼】湯呑み 砧青磁 本金彩 "空乃光"の写真7
 
 

11,000円 税込

送料無料

数量

感謝の声多数!大好評のギフトサービス

全てのお客様へ無料でご提供いたします。

JTOPIAでは全てのご注文商品へ無料でギフト包装を施してお届け致しております。贈り物に合わせた熨斗(のし)やメッセージカード、リボン掛け、またお急ぎでの贈り物など、可能な限りご希望に添えるよう手配させていただきます。

喜び感謝の声多数!大好評のギフトサービス

のし・ギフト対応

有田焼の染付技法を思わせる、上品なロイヤルブルーの包装紙にてラッピングを行います。メッセージカードも無料で代筆致します。

送料無料(11,000円以上)

11,000円(税込)以上ご注文頂いたお客様には送料無料でお届けします。沖縄 北海道 離島は追加料金を頂く場合があります。

全商品 高級桐箱付き

全ての商品は熟練職人が手がけた高級桐箱に入れてお届けします。※一部商品内容に化粧箱表記のある商品は付属いたしません。

日時指定・直送ギフト

日時指定配送はもちろん、贈り物の送り主様を表記してお届けします。領収明細書など金額の分かるものは同封致しません。


5
★★★★★

購入者さん

見栄え良しの湯呑です

母への誕生日プレゼントでしたが色合いも絶妙で、見栄えも想像以上に良かったです。 母も大変喜んでくれました。

5
★★★★★

購入者さん

お茶好きの友達

すぐ届き、対応が早かったです。
お友達にプレゼントしたところ、すごく喜んでくれました。

5
★★★★★

購入者さん

お返しの贈り物

相談にのっていただき、また、非常にタイトなスケジュールになってしまったのですが、連絡すると即ご対応いただけたので配送希望日に間に合いました。
受け取った方も喜んでくれたようです。
ありがとうございました。

5
★★★★★

購入者さん

箱書きが綺麗でした

素敵な贈りものになりました。丁寧に包装、梱包され届きました。また是非お願いします。

3
★★★☆☆

購入者さん

青磁

さっぱりデザインで好感持てるうつわ。日常使いで使っています。お茶が綺麗に見えるのでゆのみに合いますね。