有田焼JTOPIAのトップページ  /  茶碗・夫婦茶碗  /  茶碗単品  / 

【有田焼】茶碗 月うさぎ

【有田焼】茶碗 月うさぎの写真1
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真2
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真3
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真4
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真5
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真6
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真7
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真8
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真9

必須

10,000円 税抜

送料無料

数量

【有田焼】茶碗 月うさぎ

月夜を駆けるうさぎが描かれた茶碗です。
柔らかなタッチで描かれたうさぎは、今にもまるで飛び出してきそうな趣さえ感じさせます。茶褐色の土肌に、乳白色の刷毛目が描き出され、風情とぬくもりを感じさせる、そんな一品です。匠の筆先から描き出された様々な情景を想像ならがら、いつもの食事にも会話が弾むことでしょう。


※単品をご注文の場合、特にご希望がない限りは満月柄の出荷となります。ご希望の場合は購入確定時の備考欄にその旨をご記入ください。

横石臥牛(臥牛窯)
無形文化財指定の名門

横石臥牛(臥牛窯)

Gagyu

一四代横石臥牛(臥牛窯)は、刷毛目の伝統を守る唯一の窯元です。開窯は1602年。京焼の祖とされる野々村仁清にならい、九州の仁清と呼ばれるほど広く認知された存在でした。先代に続き長崎県の無形文化財に指定され、土物の造形と繊細な装飾を瑞々しく融合させたオリジナリティあふれる作品を作り続けています。 数種類の色釉による独創的な色彩や光沢は、快い充足感を生み出してくれる新しい感覚の器として、いずれも現代の暮らしの中に見事に調和しております。作品の貫入も時と共に新たな風合を醸しだし、陶器の息づきを感じていただく事ができます。 九州の仁清と呼ばれた名窯による独創の美を堪能ください。

【有田焼】茶碗 月うさぎの商品紹介写真1

伝統を受け継ぎながらも発展し続ける刷毛目

「京の仁清、西の現川」。器のコレクターは幻のやきものといわれた現川焼をこう表現します。現川焼の特色は薄手の作りと、九州ならではの茶褐色の土の上に繰り広げられる「刷毛目」とよばれる伝統技法にあります。幕末以降、後継者のいなかった現川焼ですが、先々代である十二代横石臥牛の手によって蘇り、現在、十四代が先代から託された現川焼の再現と、新しい刷毛目を創造し続けています。
【有田焼】茶碗 月うさぎの商品紹介写真2

無形文化財の有田焼茶碗を贈り物に

元禄時代の頃に半世紀で姿を消したとされる幻の陶器は、二百五十年という時間を飛びこえ三代にわたる技術の試行錯誤により、現代によみがえった幻の現川焼。刷毛目や絵付けの技法など、完成度の高い技術力と再現力を評価され、長崎県無形文化財に指定されております。
【有田焼】茶碗 月うさぎの商品紹介写真3

古くから愛されるうさぎがモチーフの飯碗

海外では兎を題材とする芸術文化は多く存在していますが、日本においても実のところ兎を題材に用いた芸術文化の歴史は大変古く、平安時代末期頃には既に兎が登場しています。現代に至っても私達の身近な多くの文化や生活に接しているため、この茶碗は年代を問わず老若男女に愛されることでしょう。
【有田焼】茶碗 月うさぎの商品紹介写真4

可愛らしい縁起物が持つ沢山の意味

縁起物の兎には沢山の意味合いがあるのをご存知ですか。可愛らしい見た目から、人間関係を「穏やか」にします。良く聞こる耳は、福(=情報)をいち早く集め、「出世や財運」をもたらします。前に飛び跳ねる姿は「躍進」が連想され、「物事が前向きにとんとん拍子に話が進む」などと言われます。さらに、一度に沢山の子供を産む繁殖能力の高さから「繁栄や豊穣」につながるなど、驚くほど沢山の意味合いがあります。
【有田焼】茶碗 月うさぎの商品紹介写真5

福運を茶碗に込めてプレゼント

月には兎がいるという伝承はアジア各地など広範囲で古くから信じられてきたため、縁起物の兎に加えて「月」はなくてはならない存在となりました。現代では、満月の円形とその中の兎は「円満」を連想させ、「月=ツキ」として変換されたため、兎はツキを運ぶ生き物とされてきました。幸運も運んでくれそうな愛らしい茶碗で食事が愉しくなりそうですね。
【有田焼】茶碗 月うさぎの商品紹介写真6

お月見の情景が見事に表現された茶碗

この茶碗は、満月に「月夜を駆けるうさぎ」が柔らかなタッチと奥行きを持つ独特の描写で描かれています。(三日月柄もお選びいただけます。)今にも飛びだしそうなほど生き生きと描かれたうさぎの背景には、下の方から斜め上に流れるように刷毛目の線が描かれています。まるで秋の冷涼な空気が感じられるような臨場感を漂わせており、自然の情景を見事に謳いあげます。
【有田焼】茶碗 月うさぎの商品紹介写真7

ワンシーンを格別にしてくれるご飯茶碗を通販で

多くの縁起物として扱われるうさぎと月を主題にしたこの茶碗は、「円満」や「躍進」など様々な願いを込めて、お世話になった方への退職祝い、大事な方への御誕生日、敬老の日、母の日や各記念日のお祝いなど、多くの場面の贈り物にぴったりです。また、ご自分用のご褒美ギフトとしても人気の商品です。秋の季節の移ろいと共に、ワンシーンを格別にしてくれる逸品です。
【有田焼】茶碗 月うさぎの商品紹介写真15
商品のサイズ
大きさ
径:12cm
高さ:5.2cm
重さ 140g
商品内容
茶碗×1 桐箱 陶歴しおり

※手作り商品のためサイズなどに若干の誤差が生じる場合がございます。

ここでしか手に入らない最高品質の有田焼
JTOPIAがお届けする商品はすべてが特A品質の一級品です

JTOPIAでは日本が世界に誇る匠の伝統工芸品を厳選しております。全作品の中から特選品質(釉薬の美しさ、発色ともに見事な審美的価値ある一級品)を当店と窯元が共同で選別、ここでしか手に入らない逸品のみをお届けしております。

特A品質と有田焼

名匠たちのものづくりを世界へ

有田焼は四百年の歴史を持つ日本磁器の創始であり、日本で最も有名な焼き物です。古くは東インド会社を通じ、世界中の王候貴族から「東洋の白い金」と謳われるほど高値で取引された幻の陶磁器でした。マイセン等の開窯にも多大な影響を与えました。明治初頭には万博で最高賞を受賞するなど、世界より高評価を得た名陶です。かつて伊万里港から世界へ輸出された経緯があるため伊万里焼という異称で呼ばれることもございます。

【有田焼】茶碗 月うさぎの写真1
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真2
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真3
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真4
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真5
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真6
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真7
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真8
【有田焼】茶碗 月うさぎの写真9

必須

10,000円 税抜

送料無料

数量

感謝の声多数!大好評のギフトサービス

全てのお客様へ無料でご提供いたします。

JTOPIAでは全てのご注文商品へ無料でギフト包装を施してお届け致しております。贈り物に合わせた熨斗(のし)やメッセージカード、リボン掛け、またお急ぎでの贈り物など、可能な限りご希望に添えるよう手配させていただきます。

喜び感謝の声多数!大好評のギフトサービス

のし・ギフト対応

有田焼の染付技法を思わせる、上品なロイヤルブルーの包装紙にてラッピングを行います。メッセージカードも無料で代筆致します。

送料無料(10,800円以上)

10,800円(税込)以上ご注文頂いたお客様には送料無料でお届けします。沖縄 北海道 離島は追加料金を頂く場合があります。

全商品 高級桐箱付き

全ての商品は熟練職人が手がけた高級桐箱に入れてお届けします。※一部商品内容に化粧箱表記のある商品は付属いたしません。

日時指定・直送ギフト

日時指定配送はもちろん、贈り物の送り主様を表記してお届けします。領収明細書など金額の分かるものは同封致しません。

4
★★★★☆

購入者さん

秋に向けて最近買いました

外国人に見せるお月見セットに良いかなと思って買いました。



月もうさぎの絵もぼんやり上品な絵柄で癒される一品です。