【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真1
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真2
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真3
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真4
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真5
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真6

30,000円 税抜

送料無料

数量

【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様

※本商品は受注生産品となります。
お届けまで約1ヶ月ほどお日にちを頂戴しております。

侍心の琴線にふれる日本の本格鹿革財布「印伝」。艶のある漆黒一色は戦国武将が戦で纏った甲冑の色であり、漢らしい勇壮さを感じさせます。その上品な漆の艶感もさることながら、日本の伝統古来より用いられる最高級の鹿の皮を鞣して作られている高級財布です。かつて鎖国時代の寛永年間よりオランダ国から幕府へ献上されてきた装飾革。現代でも、高い軽量性や耐久性などに優れ、男性への贈り物として喜ばれる商品です。

印伝:「印伝(いんでん)」は鹿革と漆を用いた伝統工芸品の一種。印伝革の略称でもあります。羊や鹿、牛皮などを生地に用い、作品を編み上げたものです。財布やバッグ、名刺入れなど、日用使いの製品として長年愛されてきました。

多田司(江戸印伝)
江戸印伝随一の名工

多田司(江戸印伝)

Tsukasa Tada

江戸、明治、大正、昭和と幾多の時代を超え、現代に名を残す江戸印伝。現在では江戸印伝の源流を継ぐ職人は、多田司以外にいない。職歴50年の彼が生み出す作品を一言で言い表すなら、江戸から現代に至るまでの“和の美意識の粋”といえるだろう。古来の伝統柄を活かしつつ、現代風にアレンジ。古風でありつつ斬新、革新的でありつつも伝統美を踏襲している。素材選びにも余念がない。国外のハイブランドすら使用を躊躇する最高級の本鹿革と本牛革、本漆を徹底した眼力で選別し、使用。使うほどに味が出る作品の様は、実用品と美術品の間を揺蕩う。江戸と平成、平成から未来へ。歴史と今、保守と創造が織りなす作品の数々は、歴史と現在の十字路である。旧くも新しい伝統美が織りなす逸物をご覧あれ。

最上級の鹿革と本漆を使用、
使い込むほどに味が出る

職人歴50年 江戸印伝
随一の名匠が つくりだす名品

縁起の良い柄を斬新にアレンジした
伝統と斬新の舞踊

【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の商品紹介写真1

最高級の鹿皮と国産漆を使用

希少性ゆえに品薄となった、最高級のなめし皮を使用。漆も国産の材料を用い、贅の限りをつくしています。
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の商品紹介写真2

海外には類を見ない。独創性あふれるシックな高級感

表面にグラフィカルな四角形を配置した変わり一松と呼ばれる模様により、艶のある漆の光沢が柄と共に力強く、そして美しく浮かび上がります。伝統に革新の光をあてる巨匠、多田司による傑作の一つです。
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の商品紹介写真3

容積十分で軽量性抜群

高級なキョンと呼ばれる鹿の皮の効果により、通気性のみならず軽量性に優れています。また内側の2か所の小銭入れポケットは収納性が高く、年中通してお使いいただくビジネスパーソンへの贈り物として選ばれ続けています。
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の商品紹介写真4

世界に誇れる名匠の技。高度な鹿の鞣しと漆塗りによる無形文化財。

【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の商品紹介写真5

侍も愛した高級鹿革。男性として人望を集め、人気を博す「縁起」がこめられてきた伝統工芸品

test
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の商品紹介写真15

大きさ

ヨコ:18.8cm×タテ:10.1cm×厚み:2cm

商品内容

箱 財布 取り扱い説明書 作者紹介パンフレット

※手作り商品のためサイズなどに
若干の誤差が生じる場合がございます。

最高品質保証。JTOPIAの商品は全てが特選品です。数ある作品の中から特選品質の品のみを店主・窯元が共同して厳選。当店でしか手に入らない一流窯元の逸品をお届けしております。釉薬の美しさ、発色共に優秀審美的価値のある一級品JTOPIAの商品はこちら
   
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真1
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真2
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真3
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真4
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真5
【江戸印伝】三方ファスナー財布 変わり市松文様の写真6

30,000円 税抜

送料無料

数量

商品の使い心地やデザインについてなど、商品に関連するコメントをお待ちしております。