色絵桜の煎茶碗の写真

有田焼

茶器セット

有田焼の有名陶芸家たちが
つくりあげた煎茶茶器・茶器セット

有田焼作家による麗しの茶器セット

企業の開所祝い、新築祝いに人気の茶器セット

開業祝いや開所祝い、海外への贈答品など法人の贈り物に人気をいただいているのが茶器セットです。個人のお客様の場合は特に新築祝いでのプレゼントに好評をいただいております。会社、ご自宅へ来訪された来客者へのおもてなしにふさわしい格式ある名品を取り揃えました。

煎茶器の由来

茶器は茶の湯で用いられる器全体の意味を指します。では煎茶器とはどのような意味の言葉なのでしょうか?煎茶器はその名の通り、煎茶を注ぐための器になります。そもそも煎茶とは茶葉を湯に浸して成分を抽出する煎じ茶のことを意味します。一般に流通するお茶の大半が煎茶となりますので、来客用、来社用に用いるおもてなしの器としては最も使いやすい部類の茶器にあたります。

煎茶の美味しい入れ方

煎茶には高級と普通の2種類がございます。高級な煎茶葉は旨み成分を豊富に含有するため、苦さをおさえてうまさを存分に引き出せるよう低温で注ぎます。普通煎茶うまみが比較的すくなく苦味が強いため、香気と適度な渋みを引き立てるようにします。それぞれの種類にあわせた特徴の引き出し方が重要です。

戦国時代と茶器

戦国時代、武士たちは立身出世を目指し、手柄を重ねることを夢見続けてきました。その恩賞として与えられたのが土地でした。ですが、大名家が勢力拡大をはかる場合、戦勝で得た土地をその都度家臣にわけあたえていては大名家としての力がつきにくくなります。そのため新興大名だった織田信長は茶道に目を付け、褒美として部下に茶器をわたす風習を創造したのです。いわば現代の貨幣のようなものです。

ここでしか手に入らない一流陶芸家の作品を、最高品質で

JTOPIAのすべての商品は、数万点の有田焼の中から釉薬や発色のすこぶる美しい特別品質(特A品質)の商品を取り揃えております。通常特別な美術展でしか手に入らない屈指の名品を最高品質で提供させていただいております。

全品箱書き名入れ対応。桐箱入り。

当店取り扱いの茶器セットには特注の高級桐箱が付属します。熨斗包装につきましても無料でご対応いたします。 桐箱への箱書きにも対応しておりますのでお気軽にお申しつけください。

暁に似たる紅の輝き

中国皇帝が愛したルビー色の釉薬、辰砂から青白の結晶が美しい藍染水滴、戦国武将が愛した油滴天目まで存在感ある煎茶器を掲載。

そこにあることで意味をなす器

400年の歴史ある有田焼を代表する作家の名品を特選掲載。おもてなしの器に格別の茶器をお選びください。