有田焼 飯椀 夫婦茶碗

有田焼

飯椀

夫婦茶碗

朝日新聞掲載
白磁牡丹彫
作陶四十年余、伝統工芸士
山口幹彦による純白の白磁と
そこに刻まれる牡丹彫り。
茶碗に咲く牡丹の花は毎日の
食卓に華を添えます。

日展最高賞受賞
巨匠の夫婦茶碗
日本美術展最高賞を受賞した
真右エ門。白と藍が貴石の
ように輝く夫婦茶碗など、
本邦を代表する釉彩美の数々。

軽くて薄手の磁器は手の中にふわりとなじみます。1300度を超える高熱で焼成されているため、非常に硬質であり、実用性はもちろんのこと、有田焼の様式美が施された絵付や施釉は、毎日の食卓を華やかにしてくれます。
ペアにして夫婦茶碗としての贈り物、湯呑とのセットである睦揃にするのも特に人気です。結婚祝い、金婚式などご夫婦の記念日、還暦のお祝いなど、大切な人へ贈りたいものです。名窯によるお気に入りのブランド茶碗を、末長くお使いください。

茶碗・夫婦茶碗の人気商品

本邦の名だたる名匠により創り上げられる有田焼夫婦茶碗は、結婚祝いや金婚式のギフトなど、人生の節目の出来事において数多くのお客様にお選びいただき、多大なる好評をいただいてまいりました。400年受け継がれてきた秘伝の技術、使いやすさを織り込んだ美観、硬質かつ軽量という磁器の実用性をご堪能いただけます。

JTOPIAのすべての商品は、数万点の有田焼の中から釉薬や発色のすこぶる美しい特別品質(特A品質)の商品を取り揃えております。