知ってるようで知らない湯呑の全て 歴史や種類、煎茶碗との違い

有田焼のあんなことやこんなこと

湯呑のルーツ

湯呑のルーツは中国で生まれ日本に伝わった茶器で、奈良時代から平安時代にお茶と一緒に日本に伝わり、そこから発展していった歴史があります。 その為、元々茶碗はお茶を飲む碗を指すもので、江戸時代に煎茶が流行すると、煎茶茶碗と白湯や番茶用の茶碗が使われるようになりました。 種類としては大きく分けて湯呑茶碗と汲み出し茶碗に分けられます。

マルチカップとしての湯呑

湯呑の歴史は陶磁器で始まりましたが、現在はガラス製やプラスチック製など素材の種類が増えています。 とはいえ、お茶といえばやはり湯呑ですし、湯呑は保温性に優れるのでお茶との相性が抜群です。 お茶の色がよく分かるのは透明のガラスで、落としても割れにくい耐久性はプラスチックに軍配が上がりますが、手に馴染む温かみは断然湯呑でしょう。 今では多様な焼物の種類によって様々な色、柄が楽しめますし、形状の工夫で持ちやすさや口当たりが改良されたものも珍しくないです。 技術の発展と共に、現代でも湯呑は進化を続けているといえますから、歴史は今後も更に刻まれることになります。 近年は海外での日本文化の注目の高まりもあって、海外向けに取っ手つきの湯呑も作られています。 形状はまさにマグカップに近いですが、陶磁器製だと素材感が楽しめますし、優れた保温性も兼ね備えるので使用感は良好です。 このよう、湯呑は中国から伝わってきた奈良時代以降、日本の歴史の変化の中で種類や形状が多種多様化して現在に至ります。

湯呑と煎茶碗の違い

湯呑と煎茶碗はどちらも温かいお湯やお茶などを注ぎ入れて口にするという点では共通しているものの形状や用途などに差異が若干の際があります。湯呑と煎茶碗の違いとして挙げられるのは使用する場面と形状であり、煎茶碗を使用するのは来客した方に対してなので普段お茶などを口にする時に自身が使用する物は湯呑となります。(現代においては湯呑を来客用として使うことになんら問題はございません。)

多用途に使える湯呑

湯呑は高さが縦の方向に長い筒状をしている上に太さも細めで片手で握り込むようにして持てる形をしていて、気軽にお茶を口にしやすい使い心地になっています。 面積が狭い分熱が逃げにくく冷めにくいのが特徴です。そして湯呑は作る時にガラスやプラスチック、陶器や磁器などが使用されて材質が多岐にわたるのも特徴的です。

来客専科の汲み出し(煎茶碗)

汲み出し茶碗(煎茶碗と同義)は、口の部分が広い形状で湯呑茶碗とは大きく異なります。 底は浅く面積があるので、長く時間を掛けてお茶を飲むのには不向きですが、お茶の色や器の内側を見て楽しむのに最適です。 つまり、お客さんをおもてなしするのに向いていますから、基本的に汲み出し茶碗は来客用に位置づけられます。

来客用の湯呑

現代では湯呑のデザインやフォルムが多岐にわたっているため、優れた湯呑を来客用に出される方も少なくありません。美観、来客する方への配慮こそ本位ですので選ぶのであれば良い湯呑を選びたいものです。

JTOPIAの湯呑はこちらから

夫婦湯呑|今年1番人気の湯呑:高級桐箱付

タイトルとURLをコピーしました