100歳の誕生日を祝う百寿祝いのプレゼント特集

お祝い・プレゼント

100歳の誕生日を祝う百寿・紀寿とは

 百寿・紀寿とは100歳になったことを喜ぶ長寿祝いで、その由来と意味には「100」という数字が関わっています。まず百寿の名前の由来と意味は文字通り、「100歳を迎えて目出度い」ですが、紀寿の場合は「一世紀も生きておめでとう」という意味合いが強いです。

テーマカラーは白

 いずれにしても数え年が100歳になったら祝福し、テーマカラーである白色のプレゼントを100歳の誕生日を迎えた高齢者に贈るのが習わしになっています。(こちらの長寿祝のテーマカラーに関しては近年百貨店業界が定めたものが多く、必ずしも従わなければならないマナーではありません。) そもそも長寿祝いは現在と内容が異なっており、昔は時代の情勢や環境の整備の差があって現在のように高齢者が長生きするのは稀でした。だからこそ長寿祝いは中々ない目出度い出来事ではあったものの、70歳や80歳までならともかく、100歳まで生きる高齢者はほとんどいなかったとされています。一説によれば百寿と紀寿は後世に出来た風習だとも言われていますが、長寿祝いの発祥地である中国の文献を調べると1000年以上前に「百寿」という言葉が登場している事が確認できます。

 ちなみに日本では室町時代に始まり、普及したのは江戸時代からだと言われています。 100歳になったお祝いでもちゃんちゃんこを着てもらったり、家族で食事会や旅行に赴いたり等お祝いの基本は変わらないです。元々中国発祥の風習であるため、国内における地域の差異といったら精々食事会に出される風土料理ぐらいですが、強いて他の長寿祝いと違う点を挙げるとするならテーマカラーとなります。

 百寿・紀寿のテーマカラーは99歳を祝う白寿と同じく白ですが、百を「もも」とも読めることにかけて桃色すなわちピンク色のプレゼントもありです。勿論テーマカラーは白色でもあるため、白色でも問題ありませんが、弔事を彷彿とさせる色の組み合わせをしやすいので気を付けなくてはなりません。例えば、白と黒の市松模様などが挙げられます。とはいえ高齢者が珍しくない現在、長寿祝い用のギフトは数多くあるので余程不用心でなければ間違いは起こらないはずです。

 余談ですが100歳を迎えた高齢者には、内閣総理大臣からお祝い状と記念品を贈呈されます。

百寿祝いに用いる熨斗、表書きとは?

 親族の方が百歳になられる際には、百寿祝いを行う習わしがあります。表書きや熨斗(のし)は、決まりがありますので送るときには覚えておきましょう。頭に「祝」を入れたあと一文字分離して「百寿」の文字を入れます。あるいは、同じく「祝」を頭にして1文字分離し「百賀」の文字を入れたり「百賀の祝い」というように記入すると良いでしょう。

 内のしにするか外のしにするかは特に決まりはありません。ごく親しい間柄であれば、のしの代わりにリボンやラッピングを付けても大丈夫です。水引については、蝶結びを選ぶことが必要です。これは、お祝いする相手にこれからもめでたい事が何度も来るようにという意味があります。

百寿祝いのプレゼントに喜ばれるものは普段使いの器

 百寿祝いのプレゼントでは、普段から使用しやすい食器類が喜ばれます。例えば、マグカップ・茶碗・湯呑などが挙げられます。人気の作品として桜の模様が入っているものがあります。桜は、日本を象徴する花であり老若男女問わず喜ばれるデザインの一つです。昔から桜が満開になる姿は豊作に例えられ縁起が良いことやモチーフが美しいことからも根強い人気があるデザインです。桜以外では、雪や宇宙など雄大な風景を思わせる品が人気です。こうしたお祝いの品に普段では照れてしまっていえないような感謝の気持ちを込めてみると喜ばれやすいでしょう。

百寿祝いに人気のプレゼント プレゼントに大人気の新マグカップ 銀河 特別限定作品

 「プレゼントに大人気の新マグカップ 銀河 特別限定作品」は、金婚式などの記念にも人気がありますが百寿祝いにおいても高い人気があります。この商品の特徴は、日展において特選を受賞した名匠である真右エ門が代表する作品の一つと言われており集大成ともされる傑作です。

 銀河と名付けられている理由ですが、器を見た時の色合いを見ればすぐにわかります。全体が深みのある青で再現されているこの色合いは宇宙を思わせるデザインとなっており、そこに星々の白がちりばめられていることが特徴的です。有田焼をベースとしており、その優れた技術とデザインから愛好者はたくさんいます。 また、機能性に関しても手に馴染みやすい感覚があり使いやすさも考えられています。多くの人を惹きつけるだけのインパクトと実用性・落ち着いた色合いが大きな魅力です。桐箱入りのため、プレゼント用として贈る場合にも大いに喜ばれます。

長寿祝のマグカップ

百寿祝いに人気のプレゼント 【天皇皇后陛下献上記念品】湯呑み 色絵桜図

 「【天皇皇后陛下献上記念品】湯呑み 色絵桜図」は、天皇・皇后陛下に献上された名窯である仁窯でつくられた記念品の湯呑みです。有田焼をベースにし、デザインに色鮮やかな桜の模様が描かれています。 天草産の最高級陶石を用いており、焼き上がりは硬くて焼きしまっていつつも重量感はなく軽やかであることが人気の理由の一つといえます。

 高級和食器でありつつ、耐久性に優れていることも特徴です。食器洗い機や電子レンジで加熱しても持ちこたえるだけの強さを持つのも魅力です。 保冷や保温に関してもしっかりとしており、容量もたっぷり入ります。世代を問わずどの世代にも使えることから、多くの人が愛用いただいているお品です。

桜の湯呑

百寿祝いに人気のプレゼント【白寿祝いのプレゼント】湯呑み 白天目本金彩

 【白寿祝いのプレゼント】湯呑み 白天目本金彩は白寿と呼ばれる九十九歳を祝うときの記念日にも贈られることの多い人気のギフトですが、百寿祝いとしても人気があります。その特徴は、器に白雪を思わせるような模様が施されていることでこうした技法を白天目といいます。 白天目は国宝に指定されている白天目茶碗からヒントを得たうえで独自に生み出された技法の一つです。美麗な白い結晶が器によく映えて美しいです。

百寿祝いの湯呑
白寿祝いのプレゼントに人気の湯呑み 白天目本金彩

 口縁には、美しくて品位が高い本金彩を使用しており、お茶の色をよく引き立ててくれます。この品は、記念日のお祝いや誕生日祝いに根強い人気があり長寿祝いの定番として長く愛されています。 有田焼磁器の一つであり、その特色は羽のような持ち心地と硬質であることを両立させていることです。器に吸水性をなくし、食事をとったときの汚れを付きにくくしていることからお手入れをするときに簡単にできることも人気の理由といえるでしょう。保温性・保冷性に優れ、長く愛用される作品の一つです。

有田焼の名窯・一流作家の作品のみを厳選。国内最大級の伝統工芸品ギフト専門店です。
タイトルとURLをコピーしました