有田焼のブランド窯元:有田焼専門店による特別記事

有田焼窯元の登り窯の画像 有田焼の有名窯元

1616年に日本で最初の磁器として開窯し、400年以上日本の歴史に寄り添ってきた有田焼。江戸時代から国内外に流通し、日本を代表する焼き物として評価されてきました。 有田焼の老舗たるブランド、時代にあわせモダンな商品ラインを展開する窯元など、有田焼の窯元についてスポットライトを当ててみました。

有田焼のブランド窯元

真右エ門窯

真右エ門窯のぐい呑みの画像

真右エ門(馬場九洲夫)は、窯変技法において日本を代表する作家です。「窯変」とは焼成中に土や釉薬に含まれる成分が化学反応を起こし、独特の色彩や結晶、結晶を生む現象の事を言います。その天然自然の美は宇宙の神秘にも例えられます。 真右エ門は2012年度、日本最大の美術展であり、陶芸界で最も権威と名誉ある賞とされる、第四十四回日本美術展覧会(日展)工芸美術部門の特撰受賞の快挙を成し遂げました。 2000年の県展50周年特別賞をはじめ、12年の現代工芸美術九州会展覧会最高賞など数々の受賞歴がございます。

源右衛門窯

有田の山間に窯元を構える源右衛門窯は260年以上「古伊万里様式の伝統技術」を継承してきました!
源右衛門窯に並ぶ名門として「白地に色付け絵柄の柿右衛門窯」と「佐賀藩(鍋島)への御用窯である今右衛門窯」がよく知られてきました!
「古伊万里様式を継ぐ源右衛門窯」は幕末以前の「柿右衛門・今右衛門の系統以外を含む有田焼」を進化させてきたブランドとして歴史上でも絶対的な地位を築いてきました!!

今右衛門窯

今右衛門の皿

今泉今右衛門窯は歴史的に分類される鍋島焼の種類の中で「色鍋島」と呼ばれる「藍色の絵具(顔料)で下絵を描いて焼き、赤・黄・緑の色で上絵をつけた焼き物の伝統技術」を継承してきた窯元です!
この色鍋島を作る「今泉今右衛門」は佐賀藩の御用赤絵師を務めてきた家系でした!
特にその技術を後世に伝えるために「赤絵の絵付きの秘法技術」を今泉今右衛門に伝えたのが今右衛門窯の始まりだといいます!

柿右衛門窯

柿右衛門の壺

1640年代に初代柿右衛門が赤絵を創始し、白磁の美しさとの調和性を究極まで高め、柿右衛門様式として1670年代に確立しました。その美意識は以降15代に渡り現代まで途絶えることなく脈々と受け継がれています。

仁窯

小畑柿右衛門

柿右衛門様式の有田焼の陶芸家として名高い人物こそ小畑裕司です。彼の柿右衛門様式の磁器は、ロクロの成形から焼形、絵付けまでの全工程を一人で行っています。前述しましたように、通常であれば分業作業となるプロセスを一人で行ってるというのが最大の特徴の陶芸家です。
 また、小畑裕司作の柿右衛門様式は、赤絵で色付けを行なうのではなく、正円子(しょうえんじ)というピンク色の絵の具を用いて色付けを行なっています。色絵の中心は、伝統的な絵柄ではなく桜となっています。基本をベースにしながらも、オリジナリティー溢れる柿右衛門様式の磁器を創り出しています。

香蘭社

香蘭社の画像

有田焼の歴史をひも解くと、燦然と輝いている企業があります。

それが佐賀県有田に拠点を置くセラミックスメーカー「香蘭社」です。創業は明治12年(1879年)で、九州で最初に設立された企業法人でした。東京では銀座6丁目にあります。有田焼の技術を活かし、磁器製絶縁碍子を日本で初めて造ったなど、技術力の高さで定評があったようです。