西日本を代表する焼き物の名門「萩焼」を知ろう!!

こんにちは!今回とりあげます記事のテーマは「萩焼」になります^^!読み方は「はぎやき」になります!!山口県萩市そして西日本を代表する伝統工芸品「焼き物」の一つですね!! 日本三大焼き物と呼ばれる作品は「有田焼(伊万里焼:佐賀県)・美濃焼(岐阜県)・瀬戸焼(愛知県)」と呼ばれる焼き物ブランドになりますが、関西から中国地方そして九州地方での「萩焼のブランド力」はいまだ健在です!!
今回の記事では、その「日本を代表する陶器ブランド」の一つに挙げられる「萩焼」って何?についてご説明しちゃいます!

萩焼は陶器?それとも磁器?

その焼き物の種類は、美濃焼と瀬戸焼と同じく「陶器ブランド」として発信されている伝統工芸品になります!! ちなみに「陶器」というのは、材料に陶土(とうど)と呼ばれる土を主に使って作品を完成させます!その土を材料にして作った「陶器」の特徴は土の茶色や「土もの」ならではの温かさやふっくらとした触り心地にあります(日本が誇る有名ブランド「有田焼(伊万里焼)」は陶石という石を材料にして作品を完成させる「磁器」と呼ばれるものになります)!! また、他にその特徴をあげるなら「陶器」は、お手入れが少し大変ですが、歴史があり、その古風な趣きに魅力を感じるファンが世界中にいるとされる「日本が誇れる文化」の一つなんです!

萩焼の扱い方

ちなみに「お耳に入れていただきたいこと」として、土の陶器の洗い方に注意していただきたいです!洗った後、生渇きのまま食器棚に保管してしまうと、土の隙間に臭いが付いたり、カビが発生したりする可能性があるからです!!また陶器は水を通しやすいタイプの焼き物なので、陶器に水を含ませて10分以上つけ置きして洗う方がいいらしいです!その点「有田焼」のようなつるっとした磁器はさっと洗いやすく手入れがしやすい点があげられます(もちろん陶器の良さとして、見た目デザインの温かさやお茶の熱を感じられる触り心地はあります)!!

陶器は磁器に比べると割れやすい傾向があります。磁器は陶器の約1.5倍の強度があるといわれています。 お料理などを食べ終わった後は、すばやく水またはぬるま湯と台所用洗剤で洗ってしまいましょう。吸水性があるので、他の汚れた食器とのつけおき洗いは避けましょう。 洗った後、生乾きのままですぐに食器棚などにしまうとニオイやカビの原因になります。きちんと乾燥してからしまいましょう。 陶器は細かい穴がたくさんあいているので吸水性があり、醤油などはしみの原因になることもあります。使用前毎にサッとお湯(水)通しをしますと汚れがつきにくくなります。余裕があれば、10分以上水につけておき、陶器に水を含まれることで、更に汚れがしみ込みにくくなります。 購入後に、高台(食器の裏側の釉薬などがついていない素地の部分)をサンドペーパーでなめらかにしておくと、他のものに傷をつけません。