知ってるようで知らない伝統工芸品と民芸品の違い!

民芸品の熊の画像 有田焼のあんなことやこんなこと

観光地にある土産店に足を運べば、工芸品や民芸品が店頭の棚を賑わせているます。
言葉も語感も似ている二つの言葉ですが、一体伝統工芸品と民芸品の大きな違いとは何なのでしょうか。

民芸品と工芸品の違い

結論から言うと大枠での意味は基本的には同じです。通底するものは地域の文化風土から誕生した日用使いの手工業製品であるということ。
伝統工芸品の場合、伝統技術や技法、素材を用いることがその名の根本にある。そのため資格保有者の技術や作り手の名前を前面に出したものが多く、美術品など高付加価値な品を作成することも多い。また一方で伝統技術を使う事がその定義の要件となるため、他の地域や海外でその工芸品の名を冠したものを大量生産したものもその範疇に含まれます。

民芸品は地域に根差した手製の日用品のため、生産地域と製品を切り離すことができません。また、名もなき作者が担うことが多いです。そのため高付加価値品に至るものは工芸品と比較した場合少ないです(場合によっては存在します)。
いずれも歴史的風土が育んできたものであるというのには変わりがありません。

伝統工芸品とは?

一般の「伝統工芸」などの呼び方とは別に、「伝統的工芸品」という呼称は、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」で定められました。「的」とは、「工芸品の特長となっている原材料や技術・技法の主要な部分が今日まで継承されていて、さらに、その持ち味を維持しながらも、産業環境に適するように改良を加えたり、時代の需要に即した製品作りがされている工芸品」というほどの意味です。

https://kyokai.kougeihin.jp/traditional-crafts/

民芸品の意味

民芸品(みんげいひん)とは、民衆生活の中から生まれ、日常的に使われる地域独特の手工芸品のこと。元は「民衆的工芸品」の略で、1925年柳宗悦を中心とし、陶芸家の河井寬次郎、濱田庄司らによって提唱された造語。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E8%8A%B8%E5%93%81

まとめ

暮らしとの調和、使い手に立った用の美、機能美を追及するのが民芸の根本にあります。民芸という用語を作った主役格は柳宗悦。資本主義が台頭し、安価な大量生産品が世を跋扈しつつある中、本当の豊かさを追及する上でこの概念に辿りつきました。伝統工芸品、民芸、美術品、様々な用語上の微々たる差異はありますが、根本にあるのは、時代を超えて受け継がれる本質的なものづくりの価値です。そこを追い求めるのに言語上の定義の壁は、現代において特にないように思われます。