お祝い・プレゼント

結婚記念日

結婚60周年を祝うダイヤモンド婚式のおすすめプレゼント

ダイヤモンド婚式は結婚60周年記念のことで、文字通りダイヤモンドのように2人の固い絆を意味します。 25周年の銀婚式や50周年の金婚式は有名ですが、ダイヤモンド婚式はそれ以上におめでたく、そして貴重な記念になります。
お祝い・プレゼント

99歳の誕生日を祝う白寿祝いのプレゼント特集

日本では長寿のお祝いを家族が行う風習があります。最初は満60歳を迎えたときの還暦、その次が70歳の古希・77歳の喜寿・80歳の傘寿・88歳の米寿・90歳の卒寿、99歳の白寿、そして100歳の百寿といった具合に100歳になるまでに7度のお祝いが待っています。
お祝い・プレゼント

100歳の誕生日を祝う百寿祝いのプレゼント特集

百寿・紀寿とは100歳になったことを喜ぶ長寿祝いで、その由来と意味には「100」という数字が関わっています。まず百寿の名前の由来と意味は文字通り、「100歳を迎えて目出度い」ですが、紀寿の場合は「一世紀も生きておめでとう」という意味合いが強いです。
お祝い・プレゼント

108歳の誕生日を祝う茶寿について

現代は高齢化社会の進捗とともに様々な方が元気でいらっしゃるようになりました。100歳を超えても矍鑠と元気で長生きをしている人がいらっしゃいます。 茶寿祝いとは108歳になった際の長寿のお祝いとなりますが、今回はその由来と意味を紹介いたします。
お祝い・プレゼント

77歳の誕生日を祝う喜寿祝いのプレゼント特集

喜寿祝とは77歳の誕生日を祝うことです。その由来と意味は喜寿の喜の草書体が七十七と見えることからによるものです。本来は数え年で77歳の年齢で祝いました。日本では以前誕生日は数え年で計算していて、つまり生まれた時を1歳と計算しました。
お祝い・プレゼント

80歳の誕生日を祝う傘寿祝いのプレゼント特集

お爺さんやお婆さんが80歳の誕生日を迎える、お父さんやお母さんが同じように80歳の誕生日を迎えるといったとき、傘寿祝いのプレゼントを贈ると大変喜んで貰えるのではないか、このように考える人も多いといえましょう。人生の節目の一つでもある傘寿祝い、プレゼントに何をあげると良いのか迷う人も多いかと思われますが、このような人生の節目に当たる贈呈品は、湯呑や茶碗などのような毎日使うグッズが喜ばれます。
お祝い・プレゼント

88歳の誕生日を祝う米寿祝いについて

米寿祝いは数え年で88歳になった祝賀のことです。日本に古くからある祝いの儀式のひとつで、奈良時代には40歳から10歳ごとに長寿を祝う風習がすでに存在しておりました。もともとは中国から伝来した風習で饗宴を催したり年齢と同じ数の贈り物をして長寿を祝ったとされますが、日本では鎌倉時代から室町時代にかけて古稀や喜寿、米寿が祝われるようになり、さらに時代がすすんで近世になると還暦を祝うようになりました。
お祝い・プレゼント

90歳の誕生日を祝う卒寿祝いについて

末永く健康な人生を歩みたいという願いは誰の心にもあるもので、長寿を保つことはそれ自体が非常におめでたいものとされます。そのため、わが国では古くから人生の節目ごとに長寿を祝う伝統がありました。60歳を迎えた時の還暦を皮切りに、長寿祝いは10年ごとに行うのを基本とし、77歳や88歳など縁起が良いとされる「ゾロ目」の年にも行われます。卒寿祝いもまた、こうした長寿祝いの1つです。
お祝い・プレゼント

111歳の誕生日を祝う皇寿について

皇寿祝いとは長寿祝いの一種であり、111歳のお祝いのことを言います。由来と意味はそれぞれの漢字から来ているということです。「皇」の字は「白」と「王」の2つの字に分けることができますが、「白」は「百」の「一」が無いので「九十九」を表します。
お祝い・プレゼント

250歳の誕生日を祝う天寿の意味や由来とは?

天寿とは「天寿を全うする」という言葉にもある通り、由来と意味は「天から与えられた寿命」の意味でつかわれることが多い言葉です。もちろん250歳の誕生日を祝う意味でもありますが、十分に長生きして寿命を全うしたという言葉で現在では使われています。
タイトルとURLをコピーしました