窯元

有田焼の有名窯元

陶芸界を代表する有田の名窯 真右エ門

釉薬を巧みに操り、「辰砂」「油滴天目」「銀河」など数々の美しい窯変物を生み出す有田焼「真右エ門窯」。本記事では、宝石のような美しさが魅力の「真右エ門窯」に着目していきます。
有田焼の有名窯元

現代の名工 黄綬褒章ダブル受賞 惣次郎窯ってどんな窯?

惣次郎窯は、国から卓越した技術者に与えられる称号である現代の名工を持つ大串惣次郎が始めた窯元であり、手轆轤技術の原点である丸物だけではなく、色々な変化を楽しむことができる焼き物や、現代的な感覚を取り入れた染付の美しい作品をつくっているという点が特徴的です。
有田焼の有名窯元

有田焼白磁の名匠 山口幹彦と山幹窯について

造形に優れた有田焼の現代の名匠として広く知られているのが、透き通るような美しさを誇る白磁を作り上げている山口幹彦です。山口幹彦は佐賀県有田町に生まれ佐賀県立有田工業高校の窯業科で陶芸を学びましたが、現在の芸術的な手ろくろによる成形は独学で身に付け40年以上オンリーワンの柔らかい曲線と内側から輝くような白い磁器を作り続けています。
有田焼の有名窯元

皇室・将軍家献上の流れを組む色鍋島の名門 虎仙窯ってどんな窯元?

虎仙窯とは江戸初期より皇室や将軍家への献上品として愛された色鍋島を現在も制作しており、有田焼高級ギフト専門店である「jtopia」では染錦と呼ばれ、極細の筆致と虹の七色に似た多色を用いて対象を描き上げる日本日の極地と呼ばれる虎仙窯の青木妙子さんの作品を数多く取り扱いしています。虎仙窯は現在まで400年の歴史を持つ鍋島藩専属藩窯の系譜であり、染錦と呼ばれる最も困難な陶芸技法の名手で機能性と美術品の風貌を兼ね備えた風雅なる器の数々が特徴です。
有田焼の有名窯元

「幻の陶器」現川焼を蘇らせた窯元、臥牛窯とは?

寄り添いながら飛翔する二羽の鶴。刷毛目の表現によって、まるで風を切り進んでいるようにもみえます。この優雅な意匠は江戸時代に一度姿を消し、その技が再現されるまで数多の挑戦がなされてきました。今回はこの「幻の焼き物」の技を復活させた、「臥牛窯(がぎゅうがま)」に着目していきます。
有田焼の有名窯元

有田焼柿右衛門様式を代表する小畑裕司 仁窯

近年、数ある有田の窯元の中でもとりわけ注目が集まっているのが、仁窯です。仁窯は、陶芸家の小畑裕司が当主をつとめる窯であり、濁手と呼ばれる乳白色の磁肌をベースに余白の美と繊細な色絵を特徴とする有田焼の一派である柿右衛門様式を踏襲しています。日本の皇室にも作品を献上しており、名実と共に有田焼を代表する名匠と言えます。
有田焼の有名窯元

福右衛門窯のすべて 最高級伊万里焼の名窯

福右衛門窯は福山正司により1972年に佐賀県は伊万里市で福右衛門の襲名とともに再興された窯元で、先祖代々献上手古伊万里の創造に携わってきました。古伊万里の長年にわたる歴史と伝統を維持し忠実に再現をしつつ、現代に新たな名品を数多く生み出しています。
有田焼の有名窯元

有田焼の しん窯「青花」がきになる。

やわらかな藍色と愛らしい絵柄に目を惹かれる、有田焼「しん窯・青花」のうつわ。比較的安価な部類の器で知られる窯元ですが、今回はその親しみやすい器の魅力に迫っていきます。
有田焼の有名窯元

有田焼の「陶悦窯」のあんなことやこんなこと

有田焼窯元の陶悦窯は、佐賀県西松浦郡有田町にあり、現在の当主が14代目という長い歴史を誇る窯元です。東急ハンズやロフトで販売している価格帯の安い、手ごろな商品を主に作成しており、見たことがある人も多いはず。そんな陶悦窯の来歴と商品をご紹介します。
有田焼の有名窯元

そうた窯って何?素朴な有田焼を代表する窯元

有田焼は日本の焼き物の中で最も有名ですが、窯元によってそれぞれ特徴が異なっており、いろんな作品をチェックすることにより、魅力を知ってお気に入りの商品を見つけて購入ができます。有田焼の伝統をしっかりと守りながら、新しい時代の変化に合わせて、新しいもの作りに挑戦する方もたくさんいます。日本の伝統を守りつつ、新しいことに挑戦をする若い作家も登場しているため、いろんな作品に注目する楽しみ方があります。
有田焼の有名窯元

業務用食器で知られるやま平窯ってどんな窯元?

有田焼と一口に言っても様々な窯元が存在します。その内のひとつに挙げられるやま平窯は、戦後間もなくに前身である山平窯が創業され、法人化に至ったのは1972年のことです。古くから業務用食器に特化してきた歴史を持ち、やま平窯の名を一躍世に広めたのが、エッグシェルと呼ばれる食器の商品化をした頃です。メディアへの登場以降、その優れた品質やデザイン性が認知され、現在では業務用だけでなく一般家庭からも広く注目されています。
有田焼の有名窯元

窯でトレジャーハンティングが出来る?幸楽窯 徳永陶磁器の特集

幸楽窯は創業150年の大型窯元であり、「家庭に幸いを、食卓に楽しさを」という社是を掲げています。有田焼は伝統的な工芸品ですが、伝統を守ることだけを重視するのではなく、積極的に市場調査を行ったり新しいデザインを模索したりすることによって、現代感覚に合うような作品をつくっている窯元です。
有田焼の有名窯元

有田焼でインテリアをつくる文翔窯ってどんな窯元?

有田焼という言葉を聞くと多くの人は食器を想像するはずですが、食器以外の焼き物をつくっている窯元もあります。文翔窯は食器以外の焼き物のパイオニアだと言われており、他の窯元にはないようなアイテムをつくっていることが特徴的です。
有田焼の有名窯元

其泉窯の読み方とは?知っているようで知らない、有田焼の老舗「賞美堂」ってどんなところ?

有田焼・其泉窯(きせんよう)は伝統的な意匠に基づきながら、新しさ・親しみやすさが共存している磁器です。本記事ではその魅力について迫っていきます。
有田焼の有名窯元

有田焼の老舗「渓山窯」は、お酒にも蕎麦にも合う有田焼食器のスペシャリスト

有田焼窯元の渓山窯が静かな人気を呼んでいます。60年を超える歴史の工房で、酒器を中心とした有田焼の魅力溢れる製品を製造しています。渓山窯とはどのような工房なのでしょうか。
有田焼の有名窯元

有田の福泉窯ってどんな窯元?陶器市情報や通販まで

今回は有田焼窯元である福泉窯についてしっかり説明いたします。この記事を読めば有田焼から福泉窯の歴史・特徴までご確認いただくことが出来ると思います。
有田焼の有名窯元

有田焼コーヒーフィルターでお馴染み 久右エ門窯について

有田焼窯元久右エ門は、有田焼の伝統と新しい技術を融合した陶磁器やセラミック製品を世に送り出しています。 有田焼の中でも人気ブランドのひとつで最近ではセラミックフィルターやプランター、磁器プレートが話題を集めます。 デザイナーと400年以上の伝統を持つ有田焼窯元久右エ門が出会い、フィンランド哲学を楽しめるシンプルで機能的な磁器プレートが誕生します。 フィンランドは森と湖の国で、豊かな自然と洗練された文化があります。
有田焼の有名窯元

有田焼の異端児伝作窯ってどんな窯元?

有田焼は佐賀県有田町を中心として焼かれる磁器ですが、その中に伝作窯、シャイニングチャイナと呼ばれる窯元があります。有田焼は江戸時代から作られており、今ではもちろん伝統工芸品にも指定されていますが、その中で異端児と呼ばれる伝作窯とはどんな窯元なのでしょうか。
有田焼の有名窯元

有田焼窯元 田清窯ってどんな窯元?

佐賀県にて長年にわたり有田焼を手がけ続けているのが田清窯であり、長い歴史を刻み続けている磁器の伝統を守りつつも今日の生活のあらゆるシーンで柔軟に対応できる器作りを心がけています。 そのため、見た目や使い心地に大いに関わる形状はもちろんですがテーブルに置いた時のテーブルの上や部屋全体の雰囲気に至るまで意識が向けられて製作されます。
有田焼の有名窯元

フジマキの煙突が印象的な藤巻製陶って何?

有田焼で有名な佐賀県有田町では、様々なタイプの煉瓦煙突が見られます。 フジマキの煙突が印象的なのが、業務用食器で広く知られる藤巻製陶です。 藤巻製陶は、1775年から現在まで240年以上も有田町外尾山の地で磁器製作を続けています。
タイトルとURLをコピーしました